掲載情報

逗子葉山経済新聞で紹介されました

2020年1月10日、広域逗子葉山圏のビジネス&カルチャーニュースを届けるインターネットの情報配信サービス「逗子葉山経済新聞」で、ユニバーサル絵本と製作講座についてご紹介いただきました。この度は本当に有難うございました。

========

逗子で「ユニバーサル絵本」製作講座 視覚障がいのある人ない人が一緒に読める絵本

「ユニバーサル絵本製作講座」が1月18日、逗子文化プラザ市民交流センター(逗子市逗子4)で開催される。主催はユニバーサル絵本ライブラリー「UniLeaf」(葉山町一色)。

講座を開催する大下利栄子さん 手には製作1000冊目の絵本

ユニバーサル絵本は見開きページごとに文章を点字にした透明なシートを挟み、視覚障がいのある人もない人も一緒に読むことができるイギリス発祥の絵本。UniLeafは日本で唯一、ユニバーサル絵本を製作し貸し出しも行っている団体。2019(令和元)年11月には「子供と家族・若者応援団表彰」の子育て・家族支援部門で内閣総理大臣賞を受賞した。(続きは以下ご覧ください。)

https://zushi-hayama.keizai.biz/headline/283/

 

 

FM横浜で絵本をご紹介いただきました

1月10日、FM横浜 “小さな幸せをシェアする 気づきの3時間”をお届けする生ワイド番組『Lovely Day』の『街角リポート』コーナー(11:05~)で、ユニバーサル絵本をご紹介いただきました。

『街角リポーター』 藤田さんが、街の気になるスポットから、スタジオへ電話リポートされるというこのコーナー、リポート歴23年の超ベテランです。

放送30分前から拙宅にいらっしゃり、絵本のこと、製作のこと、思いについてなど、いろいろ話を聞いてくださいました。なんとなく落ち着かずにいましたが、生放送は始まったら7割は終わっている、とは名言!しどろもどろでまとまらなくなるところを、さすがは超ベテラン!さりげないリードで、拙いながらなんとか最後までお話をすることができました。

ラジオは苦手だけど、絵本を少しでも知ってくださる方が増えるといい、見えない子と見える子が一緒に楽しめる場面が増えるといい、そのために役に立つなら・・本日は、本当にありがとうございました。プロの話術も大変勉強になり、今後に生かしていけそうです。

(放送は下記よりお聞きいただけます↓↓↓)

https://firestorage.jp/download/13406810603b5ac9e699b16d148f16186e508557

 

 

総理大臣表彰が葉山町広報に掲載されました

葉山町広報令和2年1月号に、ユニリーフの内閣総理大臣表彰を取り上げていただきました。

昨12月9日、代表の大下が、居住地である葉山町の町長を表敬訪問しました。町長は絵本を実際に手に取られ、点字のことやこれまでの経緯、活動の状況等を、1時間以上にわたり、大変熱心に聞いてくださいました。

葉山町では、これまでに広報や読み聞かせ団体が2位である特命担当大臣表彰を受けたことはあるが、1位の内閣総理大臣表彰は本当に大変で、本当にすごい!と、町長自ら何度もおっしゃいました。

内閣府の表彰状と盾、同じく昨秋受賞した社会貢献支援財団の表彰状もお見せし、これらを持って町長とご一緒にたくさん写真も撮っていただきました。が、掲載されたのはこの写真・・⁉(少々拍子抜け・・シートもよく見えず、これで皆さん気づいてくださるでしょうか?)

町長には、いつも大量の点字郵便の発送・配達でお世話になっている葉山郵便局に、是非御礼と励ましをおっしゃってくださいとお願いし、必ず言っておきますと快諾をいただきました。(その後、心ばかりの品を持って郵便局にも受賞の報告に行きましたら、元旦に局長さんからお年賀状をいただきました。)

 

葉山まちづくり協会の冊子で紹介されました

2019年12月25日発行の葉山まちづくり協会の冊子「葉山の仲間たち」で、ユニリーフの活動を紹介していただきました。

葉山町の魅力や団体を伝える冊子、表紙を飾る葉山の夕焼けは本当に美しく、そんな年末号で嬉しいです。

記事では、ユニバーサル絵本が1000冊を超えたのを機に、少し進化して、触図の作成や、一般の人に点字に興味を持っていただくためのしかけなど、今まさに動いている活動を伝えてくださっています。

 

よろしければ、どうぞご覧ください。
この度は本当に有難うございました。

 

 

 

 

総理大臣表彰と製作講座がタウンニュースで紹介されました

12月12日付のタウンニュースに、この度の内閣府総理大臣表彰と、新年の「ユニバーサル絵本製作講座」が紹介されました。

講座は例年、市内の掲示板とHPでのご案内ですが、今回はそれ+タウンニュース様の記事!効果は絶大で、初日に早速3名もお申し込みがありました!

お恥ずかしい人物風土記のほうは、取材してくださったS 様のお言葉にハッとさせられました。「点字を視覚障害がある人が読むためのものから、人をつなぎ、思いを共有できるものにする『ユニバーサル絵本』の発想は、今後より多くの分野で応用されるものと思います。」

そう、ユニバーサル絵本は、「人をつなぎ、思いを共有できるものにする」ことなのですね。改めて、この絵本の温かさと確かな意義を思い、携わらせてもらえた偶然に感謝するばかりです。

この受賞を機に、絵本に少し目を向けてくださる方が増え、つながる輪がますます広がりますように・・皆が今よりほんの少しずつ周りを気遣える社会に~自戒を込めて、志向していきましょう。