掲載情報

【建長寺ブロンズ模型】お寺はどこもただの部屋・・湘南ビーチFM出演

障害当事者である娘の言葉にはいつも発見があります。一緒に湘南ビーチFMに出演しました。

お寺は建長寺様でも世界遺産の法隆寺でも、お線香と古い木の香りのする、静かなひんやりした部屋以上にはなかなかならない・・

ミニチュアを触れれば建物の全体像が分かり、今、その空間の中に自分がいるのだというイメージが持てる。これは雲泥の差だと。

それを実現するプロジェクトなのだ!何としても実現したいと気持ちを新たにしました。

以下、パーソナリティの森川さんのブログです(2022.09.07)。
========

「建長寺ブロンズ模型プロジェクト」について 今日のゲストは ユニバーサル絵本ライブラリーUnileaf(ユニリーフ) 代表の 大下利栄子さん(葉山在住)、プロジェクトのアドバイザーで娘さんの大下歩さんです。
全盲の歩さんは、大学時代に中米コスタリカに一人で一年間留学。国立公園で環境保護ボランティアされていました。現在は大阪府の日本ライトハウスで、点字の図書の校正に従事、大阪で一人暮らしですが、今日は午後から建長寺で打ち合わせということもありタイミングよくスタジオにお越しいただけました!
ユニバーサル絵本は 本文を点字にした透明シートを、見開きごとに挟み込んだ絵本です。 こうすると、目の見える子どもも見えない子どもも、一緒に同じ本が使えるようになります。Unileafでは 触る絵本の制作と貸し出しを2008年7月より行って 現在まで絵本の数は1200冊。2019年には内閣総理大臣表彰受賞。
そして今回のプロジェクトのきっかけですが・・大下利栄子さんは 一緒に旅行に行くけれど 美しい景色も壮大な建築物も見えない・・それはいつも一抹の寂しさを感じていました。
しかし8年前にポルトガルに旅行し 世界遺産ベレンの塔に行った時 塔の前の広場の真ん中にポツンと 本物そっくりの模型が立っているのを初めて見て、なんだこれは!と大感激!絶対日本にも欲しいと思ったそうです。
これがあれば 触って建造の形がわかる 現地のその場で一緒に旅の喜び醍醐味を共有できる。見ないで過ごす旅は記憶に残りにくいが 自分からたっぷり触ったものは思い出にもよく刻まれる・・と確信したそうです。
日本初の屋外型!建長寺ブロンズ模型プロジェクトの目的は 視覚障害者が触って建物の形が分かることですが ぜひ見える人も見たり触ったり一緒に使ってほしい。そのために屋外の誰の目にも触れる場所に設置するとのことです。
このプロジェクトは 大本山建長寺、公益社団法人鎌倉市観光協会、鎌倉市社会福祉協議会にご賛同いただいております。
歩さんからも「建長寺をよく知っているひとにも あまり知らない人にもミニチュアブロンズ像が新しい発見となると信じています。観光でいらっしゃる方にも楽しんでいただければ・・」とお話しくださいました。
日本のお寺の繊細な美しさを再現するには 多額の費用がかかるので 現在支援者を募集中。今後クラウドファンディングも予定しています。
最新の情報は ユニリーフのHP、facebookをチェック!

絵本とブロンズと ~ テレビ神奈川ニュースにて

「誰もが読める絵本📚
目が不自由な人のために活動する女性の新たな挑戦とは」(テレビ神奈川 NewsLink、9月2日21:30~放送)

特集は、ユニバーサル絵本の紹介から始まりました。いつもの見慣れた透明シートも点字タイプライターも、プロのカメラマンにあって魅力を引き出していただきとても美しかったです。

さらに、東北の2年生Nちゃんが近所のお友だちと、一緒に読めた!奇跡が起きた!と喜んだエピソードも紹介されました。奇跡ではなく日常の一コマになってほしい・・との言葉も添えて。

ポルトガルで初めて見たブロンズ模型が映った後、カメラは建長寺様へ。改めて画面で見る仏殿はとても荘厳で神々しく、ここが舞台とは、と身が引き締まります。

いつもお優しく要所を締めてくださる御僧侶ですが、そのお言葉に自分が目の障害だけでいっぱいになっていることにハッとさせられました。

ドキドキでしたが、無事に終わってよかった~放送は9月11日(月)まで下記URLからご覧になれます。よろしければどうぞご覧ください(画像は放送中の番組よりお借りしました)。

https://www.tvk-kaihouku.jp/news_wall/newslink/92-1.php

 

【建長寺ブロンズ模型】鎌倉版で思ったこと

タウンニュースも鎌倉版になると、逗子・葉山版とは異なり、建長寺様のトピックとして扱われています(2022年8月19日号)。

文化財への多様なアプローチという視点に重点が置かれているのも鎌倉ならでは。全盲の娘との京都旅行でのエピソード(世界遺産を前にしながら「眠くなる」発言・・!)も、観光の一側面として紹介されました。

プロジェクトを始めたおかげで、最近知るようになったこと。

(1)触れる模型や仏画など、各地にこんなのあったよ~とお知らせいただくようになった。ただ、情報がほとんどなかったり、一工夫でもっと楽しめそうだったりと、もったいない感も多い。こういう情報を集めてまとめたり、ちょっと提案させていただいたりしても面白いかも・・

(2)観光地どこを訪れても触れるものは本当に少ない、ということ。たとえ世界遺産でも、一緒に歩くだけでは「眠くなる」人がいることを、家族でさえも全くわかっていなかった・・

せっかくこのような機会をいただき、多くの方に広める活動をしているのですから、こんな副産物も全て、可能な限り活かしたいものです。ああ、やることがいっぱい~、頑張らないと!!

 

【建長寺ブロンズ模型】タウンニュースの記事がわかりやすい!

タウンニュースのトップに、ブロンズ模型のプロジェクトが掲載されました(2022年8月5日号、逗子・葉山版)。とても分かりやすいので、是非ご覧ください。

ユニバーサル絵本の活動に始まり、触る図がある喜びや住んでいる世界の広がり、そして今回のブロンズ模型の意義やユニバーサルとしての長期の効果にも触れています。

過去にも絵本のことを書いてくださり、背景を知るS編集長ならではの切り口で、初めちょっと意外な感じがしたほど。「人に伝える」ということを今回も教えていただきました。

「点字を視覚障害のある人が読むためのものから、人をつなぎ思いを共有できるものにする」、私の愛用するユニバーサル絵本の定義もこのS編集長の言葉です。また一つ、この模型も「人をつなぎ思いを共有できるもの」にきっとなります。皆様の応援をよろしくお願い致します。

きれいなプリントはこちらから↓
https://www.townnews.co.jp/0503/2022/08/05/636810.html

8月27日(土)、「さわる」を考えるユニリーフ講座「触覚で遊んでみよう」のご案内もあわせてどうぞ →

 

 

 

 

 

 

ワイズメンズクラブ様のブリテンに掲載されました

ワイズメンズクラブ国際協会横浜とつかクラブ様の2021年11月ブリテン(会報)で、先月例会時のユニリーフの活動報告が紹介されました。

並んで、ワイズメンズクラブ様との長年のご縁と感謝、現在の活動について寄稿させていただきました。

ワイズメンズクラブ様は、YMCAを支援し、Yと共に歩むパートナーとして、地域社会奉仕、国際交流、国際支援、親睦・啓発活動を行っています。日本全国に152クラブ、世界70か国で展開され、3万人の会員を擁する国際団体です。

こちらのブリテンは、国内のみならず世界各地のワイズのお目に入るシステムになっているそうで、とつかクラブ様に至っては、この6月に東日本区から 「ブリテン最優秀賞」を受賞されたという立派なブリテンを発行されています。

この度、大きく取り上げていただいたことは大変光栄で、今取り組んでいるユニバーサル建造物像が、どこかでどなたかのお目に留まったら、お一人でも興味を持ってくださったら、こんな嬉しいことはありません。

この度は、掲載本当に有難うございました。長年のご寄付にも、この場を借りて改めて感謝申し上げます。