建長寺ブロンズ模型プロジェクト

【建長寺ブロンズ模型】タウンニュースの記事がわかりやすい!

タウンニュースのトップに、ブロンズ模型のプロジェクトが掲載されました(2022年8月5日号、逗子・葉山版)。とても分かりやすいので、是非ご覧ください。

ユニバーサル絵本の活動に始まり、触る図がある喜びや住んでいる世界の広がり、そして今回のブロンズ模型の意義やユニバーサルとしての長期の効果にも触れています。

過去にも絵本のことを書いてくださり、背景を知るS編集長ならではの切り口で、初めちょっと意外な感じがしたほど。「人に伝える」ということを今回も教えていただきました。

「点字を視覚障害のある人が読むためのものから、人をつなぎ思いを共有できるものにする」、私の愛用するユニバーサル絵本の定義もこのS編集長の言葉です。また一つ、この模型も「人をつなぎ思いを共有できるもの」にきっとなります。皆様の応援をよろしくお願い致します。

きれいなプリントはこちらから↓
https://www.townnews.co.jp/0503/2022/08/05/636810.html

8月27日(土)、「さわる」を考えるユニリーフ講座「触覚で遊んでみよう」のご案内もあわせてどうぞ →

 

 

 

 

 

 

【建長寺ブロンズ模型】夢が現実になる軌跡がここに

HPにブロンズ模型のプロジェクトページが出来ました!

何せ日本ではほとんど目にしないブロンズ模型です。趣旨や内容、進捗など一目で分かるページがあったらいいなぁ・・とずっと思ってきました。このほどようやく完成!

ユニリーフのHPを開けていただくと、右中ほどにポルトガル、ベレンの塔の写真が。これこそがことの発端、夢の始まり!「えーこれ絶対日本にも欲しい!」と一人大興奮、大感激した写真です(何故この時1枚しか撮らなかったんだろう・・涙)。2014年のこと。

そして、そこをクリックしてみてください~中はこんな感じ。「趣意書」「ご寄付について」「新着情報」と3つに分かれています。

ブロンズ模型の全ての情報がこちらに!「これは何だろう?」と思ったらすぐ見ていただけるように・・

そして、将来どこかでまた作ろうという方が現れるかもしれませんよね。まだ見ぬあなたのお役に立てるように・・

8年越しの夢が、現実のものになっていく軌跡です。全記録がここに!どうぞお見知りおきください。

 

【建長寺ブロンズ模型】チラシが出来ました!

 

 

 

 

 

 

 

プロジェクトのチラシができました!

観光地で、目が見えないと一人だけ文化財が何もわからないこと、こうすれば皆と一緒に楽しめること、同じ模型を囲むことで会話が生まれ、互いに興味を持つきっかけになること、場を分かち合い、互いの発見を分かち合えるように・・

「共に生きる社会の具体的な1歩」です!調べれば調べるほど、知れば知るほど、すごくいい!実現したい思いが強くなります!このチラシが、そんな思いを多くの方に運んでくれますように・・これをきっかけに、皆一緒がいいと思う人の輪が広がりますように・・

熱い思いを託して配ります。皆様のお近くでも、置いてくださるところがあったらお知らせください。「鎌倉から全国へ」、脈々と継がれてきた地元の誇り=日本の誇りを、目が見えないから共有できなくても仕方ないの・・?いいえ、同じように知ってほしいです!

皆様のご支援をどうぞよろしくお願い致します。

 

【建長寺ブロンズ模型】境内立体地図が石の上に!?

1m以上ある石の上に、総門から山までの境内のミニチュアが、本物と同じ起伏で現れる・・その上には、手のひらサイズのブロンズ製伽藍が一直線に並び・・それ、全部さわれます!めっちゃ素敵ではないですか!?

6月29日は建長寺様で、建築士のT様、造形工房のK様からそんな説明を伺いました。

欧州は石の文化、日本は木造で自然を尊ぶ文化です。天然石でそんな表現が出来たら、それはもう欧州のコピーではなく、日本ならではの芸術品になる!どんなにワクワクすることでしょう。

総門の模型もお持ちくださり、ブロンズで作る伽藍のイメージも共有します。キモはスケールの選択だそうで、それにより精密度も決まります。

仏殿の前で。建築士T様と造形のK様。

今回作るのは、触るためのもの。「見る」に縛られている私たち、サイズをいろいろ変えて「さわっているところを見たい」。そうしたさわる様子を一つ一つ公開して伝えていくのも意義があるでしょうね・・御僧侶のお言葉にハッとします。プロジェクトはもう始まっているのだ、製作の過程にも価値がある!発信しっかりしないと。

良いものを作ろう・・言葉にしなくてもそんな空気に満ち満ちた空間。皆様が図らずも「有難いご縁」、と同じ言葉で言ってくださるこのプロジェクト。お心ある方しかいらっしゃりようもなく、感謝と重圧と深い喜びに頭を垂れて・・ため息。

6月にしてはや梅雨明け、連日大混雑の鎌倉もこの日は猛暑で人も少なめ。境内の紫陽花はまだまだきれいです。

 

 

 

 

【建長寺ブロンズ模型】鋳造会社さんからご説明をいただきました

6月22日、鋳造会社の方から建造物模型の製法についてご説明を受けました。

いつぞや見積もりをお願いしたご縁で、東京出張のついでに逗子までお寄りくださいました(勝手に同年輩と信じこんでいたらお若くてビックリ・・!)。

「日本にもブロンズ模型を作りたい!」それだけでスタートしたものの?????だらけ。鋳造業は富山県に集中、400年の歴史を誇るってご存知でしたか?

最近は美術館の中に「さわる」を意識した展示も増えていて、このA社も建造物模型を手がけられました。その時の詳しい製造工程から、最近増えているアート系作品まで、画像満載で教えてくださいました。

「(銅像屋さんって)皆さんお電話くださるんですよね~」なんておしゃべりもしながら、業界事情も見えてきて・・当初やみくもに問い合わせていた時の言葉の断片が、だんだん意味を持ってつながってきました。やっぱり会うこと、直接話すことって大事ですね。

一つ進むと、分からないことが出てきて、1週間くらい調べてまた進む、の繰り返し。でもその過程で、お心ある方との出会いに涙する瞬間もあり・・完成したらどんなに嬉しいでしょう。頑張ろうっと!