【建長寺ブロンズ模型像】建長寺様と打合せをしました

5月某日、千田鎌倉副市長様、大津鎌倉市観光協会専務理事様と共に、建長寺様を訪問しました。初めてブロンズ模型像をご紹介に伺ってから、4か月ぶりになります。

この日は森内務部長様のほか、若い御僧侶も2名同席してくださいました。お忙しい長尾総長様もお寄りくださり、ご挨拶が出来ました。

まず、大下から進捗のご報告をしました。クラウドファンディングの見立てはよい感触で、実施の方向で準備していること、仏殿の見積もりを3社からいただいていること、チラシ案ができたこと等々。

建長寺様からは、山門の下など重要文化財の地面は設置が難しいかもしれないこと、3つの伽藍が一直線に並ぶ禅宗様式に特徴があるので、製作は建物一つより全体図が良いのではとのお話が出ました。

ついては、境内図を製作する際の、製作範囲やサイズ、金額を、可搬式も含め再検討することに。縮尺どおりで伽藍が小さくなり過ぎないようデフォルメも必要となり、建長寺を知り尽くしている建築士さんのお力を借りましょうということになりました。

とにかく、出席者全員が真剣に良いものを作ろうと、熱のこもった、前向きな意見交換に終始しました。クリアすべき課題は多いものの、お忙しい皆様が自分事として取り組んでくださっています。金額の大きさへの不安や責任の重圧にも、「支えますので進めてください」「実現までやり抜きましょう」と励ましてくださいます。これはもしかしてすごいことなのではないか・・お気持ちに報いるためにも、目の前の一つ一つに全力で取り組むのみ!

よきご縁に心から感謝して、引き続き一生懸命やらせていただきます。多くの皆様のご支援ご賛同を、どうぞよろしくお願い致します。

※海外の美しいブロンズ像コレクション。写真はドイツ、マインツ大聖堂。

 

カテゴリー: お知らせ