今年もやります!ユニバーサル絵本製作講座 1/18

「ユニバーサル絵本製作講座」のお知らせです。

本年度、内閣総理大臣表彰をいただいたユニバーサル絵本を、あなたも作ってみませんか。まずはじっくり点字の仕組みを学び、練習します。途中、絵本の解体等工程作業も体験しながら、お一人1ページくらいずつ点字を打ち、皆で1冊仕上げます。完成した本には全員のお名前を入れ、全国の目の不自由な子供たちに貸し出します。

1年に一度のこの機会、どうぞあなたもご一緒に!ご参加をお待ちしています。

★「ユニバーサル絵本製作講座」

日時:  2020年1月18日(土)13:30~16:30
場所:  逗子文化プラザ市民交流センター 第2会議室
参加費: 1,000円(資料代、材料費込み)
定員:  点字や絵本に興味のある方(小学生は保護者同伴) 15名
問合せ: HPのお問合せフォーム、ご利用ください。

Posted in お知らせ

総理大臣表彰と製作講座がタウンニュースで紹介されました

12月12日付のタウンニュースに、この度の内閣府総理大臣表彰と、新年の「ユニバーサル絵本製作講座」が紹介されました。

講座は例年、市内の掲示板とHPでのご案内ですが、今回はそれ+タウンニュース様の記事!効果は絶大で、初日に早速3名もお申し込みがありました!

お恥ずかしい人物風土記のほうは、取材してくださったS 様のお言葉にハッとさせられました。「点字を視覚障害がある人が読むためのものから、人をつなぎ、思いを共有できるものにする『ユニバーサル絵本』の発想は、今後より多くの分野で応用されるものと思います。」

そう、ユニバーサル絵本は、「人をつなぎ、思いを共有できるものにする」ことなのですね。改めて、この絵本の温かさと確かな意義を思い、携わらせてもらえた偶然に感謝するばかりです。

この受賞を機に、絵本に少し目を向けてくださる方が増え、つながる輪がますます広がりますように・・皆が今よりほんの少しずつ周りを気遣える社会に~自戒を込めて、志向していきましょう。

 

 

Posted in お知らせ, 掲載情報

第2木曜定例作業会@逗子 12月

12月12日、第2木曜定例作業会をしました。

本日はひたすら修理、解体、再製本です。本も時間がたつとプラスチックリングが割れたり、リング穴周辺が破れたり、テープ製本では落丁したりと、かわいそうな状態に。

新しい本を作るのはときめきがありますが、これはなかなか苦しい作業。丁寧に進めると2時間で一人たったの1~2冊、それでも手持ちの本はほぼ片付きました。よかった~これでまたお届けできます。

本日は、体調を壊されず~~~っと音沙汰なかったOさんが突然!来てくださり、思わずハグ!お元気になられて本当によかったです。人生いろいろな時があり、それでもまた戻ってきてくださる・・そのお気持ちが嬉しく心より感謝♡

「照一隅」、幸い私たちの目の前にはこの仕事があります。小さな活動ですが、思いを持って真摯に取り組んでいきたいものです。

 

Posted in お知らせ

新着絵本のお知らせ 11月

お待たせしました!新着絵本のお知らせです。左上から、

1.ウルスリのすず
2.ふしぎなしろねずみ
3.ひとりぼっちのつる(えほん・椋鳩十)
4.エドワードとうま
5.ねずみのおよめさん
6.ちいさなかえるくん
7.おとまりのひ
8.おはなしばんざい
9.どろどろ
10.おいし~い

今月の上の列の4冊は、オムロン株式会社名古屋事業所様でテキストデータを作って後、ご寄付くださったものです。面白い読み応えのある良書ばかりですね~

ローベルが人気なので購入しました。手元で数冊点訳を待っていますが、ページ数が多いので、始めるのになかなか覚悟が要ります。まずは1冊、「おはなしばんざい」、ようやくでき上がりました。「おいし~い」は逗子高校生3名の(昨年度の⁉)作品、やーっと完成しました。点訳は根気なので途中でイヤになることもありますね。でも、利用者の子供たちが待っています!それを励みにがんばりましょう。

 

 

Posted in お知らせ

利用者さんからのお便り 11月

読者さんからのお便りです。園児の男の子クンたちは、見事にみーんな乗り物好き(笑)。

◆はじめは、お久しぶり!弟クンが生まれた千葉の年中さんY佑クン。

盲学校が終わると、ほぼ毎日のように散歩・・パパと二人で飛行機に乗って大阪まで行ってきました。・・旅行から帰ってきてからよっぽど楽しかったのか「飛行機、飛行機」とずっと言っていました。最近は新幹線に乗りたいようで「新幹線、新幹線」と言っています。(中略)

6か月半になる下の子は‥最近少しずつ本に興味を持ち始めたのか、膝の上に座らせて本を読んであげると本をたたいてみたり、少し笑う姿も見られる時があります。がてら駅まで歩いていき、そのまま電車に乗って2駅行き、帰ってくることをしています。

◆こちらもお仲間、神奈川の年中さんK也クン。

この前駅名しりとりをしていたら「トウキョウ、ウグイスダニ、ニッポリ」とK也。「えっ⁈しりとりを理解している⁉」と驚いたら、どうやら山の手線名を言っただけらしい。YouTubeで山の手線を何周もしているので、覚えてきている。ビックリしました(笑)

◆神奈川の年中さんK志クン。

先日は盲学校の文化祭がありました。体育館が苦手なK志はいつも泣いて逃げようとしていましたが、先生が少しずつならして下さり、本番は泣かずに平均台をわたりきり、ポーズのところでは自分でパチパチ拍手をして、会場から大きな拍手をしてもらい、ニコニコ得意顔でした!!言葉も「でんしゃ」「しんかんせん」に続いて、「はやいよ~」といえるように!!成長著しいK志です。

◆東北の未就園児さん、R美ちゃん。可愛さいっぱいですね~

おばけの本は、おばけがおかしいらしく、おばけが出てくるとケラケラ笑っていました。のんたんの本では、「もぐもぐ」のところで食べる真似をするようになったりと絵本を通して成長を感じることができました。抱っこしても抱っこしながら読んで、娘と楽しい時間を過ごさせていただきました。

◆東京の3年生F男くんはピアノの練習。4年生K太朗くんは学芸会。千葉の1年生Y子ちゃんは点字の読み、毎日キーキー(ヒーヒー)言っておりますが、今は我慢の時だと思って親子で頑張ります。

◆最近英語も聞いてくれている東京の5年生M太くんからは、点字の感想文。

「むかしむかし とらとねこは・・」をよんで(抜粋)
むかしとらとねこがいました。ねこはとらよりえさをとるのがうまくて あるひ とらがねこにえさのつかまえかたをおしえてほしいといいます。それから ねこがとらにいろいろなことをおしえます。さいしゅうてきに とらはねこをつかまえてやるというと ねこはどんどんにげて きのうえによじのぼったので ねこはとらにつかまえられずにすみました。とらは うえからとびおりるというところで けがをしながらよくがんばったなあとおもいました。なんでもできて たのまれたらだいじなことでもおしえてあげられるねこはすごいなあとおもうとぼくもそういうひとになりたいなあとおもいまいた。

◆神奈川の2年生M斗クンも点字感想文。

きょうのほんのかんそうは、しゅじんこうへのめっせーじをいれたかんそうです。「かたあしだちょうのエルフ」は エルフがさいしょ、ライオンとたたかい、かたあしをくいちぎられてしまいます。そのあと、からだがカサカサにひからびてしまったそのながいあいだは、ぼくがけいけんしたらつらすぎるなあとおもいました。えさもなく、いしころなどをたべていたんですもの。めっせーじは、「エルフくん、さいごまでがんばったね。ほんとうにつらかったとおもうよ。」でも、このおはなしは、さいごエルフがきになって こどもたちはそのまわりでたのしくあそんでいる そのこえをきけるかれののぞみもかないそして、じぶんがやくにたち、さいごはけっきょく かれはしあわせになれたのでしょう。ぼくはそうおもいます。 

◇関西の普通小5年生Y乃ちゃんのおうちはおばあちゃまがご病気で、育児と介護の両立。「笑ってしまうほど時間がなくなります。」と。どうぞお体大切に、1日も早く落ち着かれますように・・お祈りしています。

--------------

皆様から寄せられたお便りは、ご本人が特定されないような配慮のもとに、当HP、FBに掲載させていただくことがあります。掲載は困るという方は、事前にご連絡くださいますよう、よろしくお願い致します。

 

 

Posted in お知らせ

社会貢献支援財団表彰式典 

11月25日、帝国ホテルにて、社会貢献支援財団社会貢献者表彰式典がありました。

今回の表彰は、人命救助3名、社会貢献37名の計40名。前日夕刻には懇親会があり、私たちは関西から校正者の大学院生Yさんをお招きし、ユニリーフ最長のOさん、大下歩、大下の4名で参加しました。

表彰式は、安倍昭恵会長のご挨拶で始まりました。1名ずつ名前を呼ばれると、スクリーンに活動の様子と(前日撮ってもらった)大きな顔写真が映し出され、功績(?)が読み上げられます。安倍昭恵会長から賞状をいただいて終了。団体名にカタカナが多く読みにくそうでしたが、お近くで見る昭恵会長はとてもお綺麗でした。

37年間通学路の草刈りを続けてこられた方、単身ケニアで23年間子供たちの支援をされている女性・・それぞれにすごいなぁと、敬意を持ってお聞きしました。

続いて祝賀会。安倍昭恵会長とのツーショット後、お名刺いただきました。そしてようやく、皆様のもとへ駆け付けます。活動当初から10年以上ご支援くださっているワイズメンズクラブの皆様、印字の機械化をかなえてくださった元KDDIの総支社長様、メンバー、家族、そして利用者の子供たちが6名も来てくれたのは何より嬉しいことでした♡♡♡

同伴者より一言。「無料で絵本を貸し出すのと一緒に、大下さんの愛を利用者さんとそのご家族にお届けしていることを実感できた祝賀会でした。元気の良い子どもたちがとても可愛かったです」(Oさん)。「改めてユニリーフは、大下さんを中心にしつつ様々な方が関わっていらっしゃる中で活動が継続し、作られてきたということを感じました」(Yさん)。

この度は、小さな活動に大きな栄誉を本当に有難うございました。分不相応感いっぱいですが、是非これを新たなスタートに、皆様とご一緒に進んでいきたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted in お知らせ, 掲載情報

内閣府「子供と家族・若者応援団表彰」内閣総理大臣表彰を受賞しました

11月21日、霞が関の内閣府にて、令和元年度「子供と家族・若者応援団表彰」「未来をつくる若者・オブ・ザ・イヤー」表彰式があり、子育て・家族支援部門の内閣総理大臣表彰を受賞しました。

この日は、全国から内閣総理大臣表彰、内閣府特命担当大臣表彰合わせて25件の表彰がありましたが、うち内閣総理大臣表彰は、「子供子育て・若者育成支援部門」2件、「未来をつくる若者・オブ・ザイヤー」2件、「子育て・家族支援部門」はなんとユニリーフ1件、という栄誉です。

表彰式は内閣府講堂にて、リハーサルの後、衛藤内閣府特命担当大臣(少子化対策担当)から賞状をいただき、記念撮影、懇親会という流れ。その様子は、来週写真をいただきましたら改めてご報告致します。

(「受賞者等に関する報道は表彰式以降解禁」ということで、お知らせ遅くなりました。)

2008年に1人で始め、いつもいつも身の丈でやってきた活動ですが、このような特別に栄えある賞をいただき、驚きとともに感謝の気持ちでいっぱいです。お力添えくださった皆々様に厚く御礼申し上げます。

 

 

 

 

 

 

Posted in お知らせ, 掲載情報

点字グッズ作り@ファブラボ関内

11月18日、再びファブラボ関内にお邪魔しました。今回は一人でも多くの方に点字に関心を持ってもらおうと、点字を組み込んだグッズ作りに挑戦しました。

薄い木板から点字を印字した小さな〇や△を切り出し、同じ大きさの透明アクリルをのせてアクセサリーを作れたら・・Kさん、レーザーカッターはびくびくと言いながら、イメージどおりに大成功!

他にも、6点の穴に自分でピックを入れて点字で名前を作るキーホルダーもできました!購入してくださる方が、周りの方と話題にしてくださったら嬉しいですね~夢が広がります。


こうして素人の私たちが思い描いた点字グッズを形にすることができるのも、代表T様のお力添えあればこそ!
朝から延々16時まで、レーザーカッターもどんな工程もご指導ご提案くださり、ピンチを救ってくださいます。私たちの活動に大きな扉を開いてくださり、この場を借りて心より御礼申し上げます。

Posted in お知らせ

第2木曜定例作業会@逗子 11月

11月14日、第2木曜定例作業会をしました。

本日はひたすらシート切り!先月、細い帯状に裁断したシートを、絵本ページに使いやすい大きさに切っていきます。

作業会も年に4回はこうしたかット作業をやっているので、皆慣れたもの。要領よくシートと裁断機を配置して、適度におしゃべりも楽しみつつ手は一気に動かします。7名で、300枚の帯を指定サイズにカットし、それぞれにまとめて出来上がり!わ~、点訳のやる気がムクムクと湧いてきます!

休憩時には、点字に興味を持ってもらうグッズの試作品に、アイデアを出し合いました。素敵だけど何に使うの・・?素人がそんな簡単にはできないよね・・と言いつつも、なかなかなクオリティになんだかワクワク・・みんなが欲しーい!と思ってくれる点字グッズできるといいなあ~

 

Posted in お知らせ

レーザー講習@ファブラボ関内

11月11日、関内のファブラボへ行ってきました。

こちらでは会員登録をするとレーザーカッターや3Dプリンターが使用でき、様々な加工に取り組むことが出来ます。今回の目的は、点字絵本に入れる最適な触図の素材検討と作成、ゴム印の作成、さらには点字啓蒙の為に販売を目指す小物制作の相談・制作です。

初日の今日は入会手続き後、実際に加工するデータの処理、カットする素材のこと、機器の使い方など一通り、レーザーカッターの講習を受けました。

話を聞いて分かったようでも実際に機械の前に立つと頭が真っ白。そんな私たちにファブラボ代表のT様は根気よく教えてくださいました。
 

同じことを何回も聞いてはやり直して…そして、昼食を挟んだ5時間後(!)にはユニリーフの団体印と住所印が、用意したデータ通りにできあがりました。さっそく押印して、印影を確認して感動・・!

ユニリーフの絵本つくりのように、できたらいいなという事が1つ1つ実現していくことはものつくりの醍醐味ですね。T様からいいアイデアもいただいたので、次回はアクセサリー作りに挑戦です。

Y.N

Posted in お知らせ