横浜市読書活動推進ネットワークフォーラム 2/17

2月17日(日)、光栄にも横浜市教育委員会よりお声かけいただき、横浜市読書活動推進ネットワークフォーラムに出展させていただきました。真新しい二俣川地域ケアプラザ、読書推進を願う熱心な関係者250名が来場され、ユニリーフへも100名弱がお立ち寄りくださいました。
以下、Kさんのレポートでお届けします。

==========

会場が住まいから近いこともあり、何かできることがあればと参加しました。 

イベントや講演の終わるタイミングで出てくる方たちをユニリーフコーナーへいざなうために、案内掲示の位置や色合いのインパクトなど見え方を工夫しました。そして訪れてくださった方が「見える子と見えない子が一緒に楽しめる絵本」に関心を寄せて、さらに想像力をはたらかせてくださるよう言葉を考えました。 
 
イルカのしおりに点字タイプライターでお名前を刻まれた方へは、絵本サイズに合わなくなったシートを無駄にしないよう気持ちを込めて作られたイルカですよ~という思いも届けたかったです。

目にする、耳にする、手にする、どれも初めての方が殆どのなか、利用者の親子さんが訪ねてくださり、展示している絵本を何冊も何冊も読んでいかれました。

百聞は一見に如かずの通り、お子さんのなぞる指の速さやたくさんの声が入り混じる中の集中力、そして何よりももっと読みたいとアピールする姿がこの本の存在価値を証明していたように感じました。その場に居合わせた方たちも、きっと似たようなお気持ちになられたのではと思います。

本の貸出返却の記録をお手伝いしている私にとって、文字で見るお名前だけだったお子さんが目の前に現れて絵本に触れている、その時を共にしていることの感激は大きく、次の記録作業は新たな楽しみをもたらしてくれそうな予感を抱きました。

笑顔・笑い声の絶えないお仲間のおかげであっという間に時が経ち、また来場者の皆さんと接することで得る知識もあり、広がりのある充実した一日になりました。


 

 

 

 

Posted in お知らせ

第2木曜定例作業会 @逗子 2月

2月14日、定例作業会をしました。

1月のユニバーサル絵本製作講座に参加された方も来てくださり、メインは日曜日のイベント準備~!横浜市読書活動推進イベントへの出展、希少点字タイプライター体験の大人気myネームいるかしおり作り、こんなにきれいにたくさんできました。またやりますよ~

本日はそれぞれの通常業務の傍ら、タイプライターを使って初めて!皆で短い本を1冊打ってみました。外ではいつもやっているのに、実はメンバーはあまりやったことがない・・最近加わってくださったベテラン点訳者さんが打ち始めると、初めてでもその速さに皆からスゴ~イと歓声が上がりました。

初夏には蔵書がいよいよ1000冊に・・・記念パーティの実行委員会も立ち上がりました。集ってくださる方も少しずつ増え、UniLeafの明るい春です。

 

Posted in お知らせ

逗子高校ワークショップ2019 発表会

2月4日、1月末に全2回で行った逗子高校1年生ワークショップの発表会がありました。

初日にひととおり点字の仕組みを説明し、さあ2日目はまさかのインフル!1人分ずつマスあけと点字器のセットの仕方のマニュアルを作って先生にお送りお願いして、本日の発表となりました。

模造紙にうちわみたいな黒まるで点を表し説明してくれた力作!この発表のおかげで点字の仕組みを再認識できたのではないかな~と思われました。

他にも、『これはのみのぴこ』の音読で2役をこなし走り回っていた生徒、黒1点ベリーダンスを大いに盛り上げた生徒等々、歌ったり踊ったりの発表は当人たちも見ている側も楽しかったです。

不在時に取り組んでもらった本番の下打ちは(細心のマニュアルのつもりが)紙の縦横が逆のものが多く・・ザンネン!全員完成までにはまだ少しかかりそうですが、キビシさも経験、もう少し一緒に頑張りましょうね~

 

Posted in お知らせ

Suzu’s セレクト ②:ゆきむすめ

絵本紹介コーナー「Suzu’s セレクト」

第2回は、12月の新着絵本から。
『ゆきむすめ』(内田莉莎子 再話/佐藤忠良 画)を紹介します。

子どものいないおじいさんとおばあさんが雪で女の子をつくると命が灯り・・ゆきむすめは動きはじめます。

おじいさんとおばあさんはゆきむすめを娘として可愛がりますが・・

この絵本は、ロシア童話の一つであり、物語が最初に発表されたのは今から150年前の1869年。長い間愛され続けているお話で、現在ゆきむすめ(ロシア語で「スネグーラチカ」)はなんとロシアのサンタクロース「ジェド・マロース」の孫娘としてクリスマスのお手伝いの役目を担っています。

同じくロシア童話である『おおきなかぶ』の翻訳を担当したロシア文学者内田莉莎子さん、挿絵を担当した佐藤忠良さんが作品にしました。佐藤さんはシベリア抑留を経験しており、その時に実際に見たロシアの風景を参考にして絵を描いたそう。

余談ですが、この絵本が届いた翌日に1月まで文化村で行われていた「国立トレチャコフ美術館所蔵ロマンティックロシア展」に行ったところ、まさかのまさかで1899年に描かれたヴィクトル・ヴァスネツォフ「雪娘」の絵が飾られており、見ることができました。写真はその時購入した絵葉書になります・・!

この絵本を通じてぜひロシア文化にも思いをふくらませてみませんか。

 

 

Posted in お知らせ

利用者さんからのお便り 1月

昨年末から1月にいただいたお便りです。心ははや新年度に向かっている方も・・早速ご紹介しますね~

◆初めは、英語を聞き続けている関西の4年生Y子ちゃん。何度も同じの送ってしまい、ケガの功名・・

”Under the Sky”はお借りするのがたぶん3回目ぐらいだと思うのですが、なんと・・。覚えられました!!継続は力なりですね。無理なく意味も理解し、絵を見て英文が出てくるとは思いませんでした。ありがたやです!!

◆東京の本好き兄弟3年生のT汰クン。

パンやのろくちゃん、げんきだねはグフグフ笑いながら聞いていました。自転車の練習のお話は、大人がろくちゃんそっちのけで言い合いしてるのが面白かったようです。サンタさんのいちにちは一人で読んでいました。色々考えながら読んでいる姿に成長を感じました。

◆お年賀状ありがとう。東京の盲学校2年生F介クンは点字です。

「にじ」のお話がおもしろかったです。

◆神奈川年少さんのK埜クン、妹のM実ちゃんとのやりとりがほほえましい・・

M実が「わにわにの~」シリーズがとても気にいって、よんでやっているとK埜もやってきて・・よこせよこせ、もう1回よんで~になります。

◆東京の盲学校3年生のK真クンも、いつも妹さんと一緒。お気に入りが増えてきましたね~

11ぴきのねこシリーズ大人気です!2人とも絵本大好きになりました。

◆東京の盲学校2年生のK太朗クンは、毎日ママと絵本タイム・・・幸せな思い出と確かな力になりますね。

楽しく毎日読んでおります。「かぶさんとんだ」と「やさいだいすき」は自分で読めました。今は、漢字が本当に好きで、毎日質問ぜめにあっています。沢山の本にふれて、もっと日本語が好きになりますように。

◆神奈川の1年生Rクン、点字のお手紙がだんだん長くなっています。

12がつごうは「トラのじゅうたんになりたかったトラ」がすきでした。とくにすきだったところは、せんたくものみたいにトラがほされたところです。じかいもたのしみにしています。

◆神奈川の年少さんK広くん、今年はいろいろ出来ることを増やしてほしいです。千葉の年長さんY奈チャンは、4月から点字が始まるので絵本の楽しみ方も変わってくるのだろうなとの期待感。春が待ち遠しいですね・・

◆最後は、九州の6年生T吾クン。「にぐるま」って何?と聞かれ、見たことがないので「そうか知らないのか~」と思ってしまいましたとママ。せっかくのきっかけ、すぐでなくても、「にぐるま」にかかわる経験を積み重ね、一つ一つメージを作っていきましょう。

なぞなぞえほん2のまきは、ぼくがだいすきなほんでした。かぞくにもんだいをといてもらったけど、すこしむずかしかったです。でも、こたえがひとつずつずれているかんじがしました。なのですこしふしぎでした。もんだいがあっておもしろかったし、たのしかったです。あたまのたいそうにもなりました。またなぞなぞえほんをおくってほしいです。

 

-------------
皆様から寄せられたお便りは、ご本人が特定されないような配慮のもとに、当HP、FBに掲載させていただくことがあります。掲載は困るという方は、事前にご連絡くださいますよう、よろしくお願い致します。

Posted in お知らせ

逗子高校ワークショップ2019 ユニバーサル絵本作り 初日

1月21日、毎年恒例、逗子高校1年生のワークショップ。

地域講師による14もの講座の一つにユニバーサル絵本作りも入れていただいています。点字を学び、25名の生徒と2冊の本を作ります。

今年は今までと何が違うかというと、初めてご担当の先生も参加してくださったこと。先生もご一緒に話を聞かれ、課題にも取り組んでくださいました。嬉しいことです~

もう一つ違うのは、男子が多かった!半分近く、男子生徒も来てくれました。こちらも初です。

今年のみんなは静かだなぁ・・発言もないけど私語もないってある意味スゴイ!(写真のとおり、ほら、マジメでしょう~!?)裏から打つのは戸惑うと思うけど、少しずつ慣れていきましょう~

Posted in お知らせ

逗子高校部活動の絵本製作が神奈川新聞フリーマガジンで紹介されました

逗子高校のボランティア活動部Z-Selecで行っているユニバーサル絵本の製作活動が、神奈川新聞社発行のハイスクールエイジを応援するフリーマガジン「H!P」(2018年冬号)で紹介されました。

今回のテーマは、Can I help you? 外国人へのおもてなしや手話を学ぶ他高校の部活動と共に、「点字絵本」として掲載されています。

普段はおとなしめであまり思っていることを言わない生徒たちですが、子どもたちの役に立っている喜びや、「もっと点字を普及していかないと」といった思いを語ってくれていました。

目の前にあるのはひたすら地道な作業です。が、今のみんななりに何かを感じてくれて、その種が人生のどこかで、また社会のどこかで芽を出し、少しずつでも育っていってくれたら・・・そんな日が来ることを願ってやみません。

 

 

Posted in お知らせ, 掲載情報

ユニバーサル絵本製作講座 @逗子

1月12日(土)午後、3時間をかけてユニバーサル絵本製作講座をしました。

参加者は作業会関係から3名、ポスターを見てくださった方4名(嬉しいことに大学生も!)、さらに新聞記事から原稿作成ボランティアをやってくださっている方も2名遠くから来てくださり(感激の初対面!)計9名、本当に有難いことです。

通常は点字の説明から絵本ページ作成まで3時間では相当キツキツですが、作業会メンバーのさりげないヘルプも嬉しく今回は素晴らしくスイスイ~、普段やらない周辺作業や点字タイプライターでの本番打ち、活動への思いや近況のお話までしても余裕で仕上がりました。スゴイッ!

ご感想を聞くと、いつも一部作業だけなので「何をやっているのか分かった」「点字は初めてだったけどきまりが分かって読める気がする」「特にタイプライターが楽しかった」「今日は本当に来てよかった!」・・・嬉しいご感想をたくさんいただけました♪ ヨカッタ~

PCだけのやり取りだった方々から絵本の点字を打ってみるとのお話があり、次回は作業会にという方もいらっしゃり、なんだか次につながる気配があちこちに・・・無事終了した安堵と感謝、新たな出会いや今後への期待に心躍る充足感~~完成したら皆様のお名前を入れて貸し出しますね。本日は本当にありがとうございました。

 

 

Posted in お知らせ

第2木曜定例作業会 @逗子 1月

【レポートはいつも東京から来てくださるNさん、彼女の周りは笑いが絶えません~】

毎月第二木曜の定例作業日。場所は逗子市の市民交流センターです。

2019年初の作業日の1月10日は、先月に引き続き大きな点字用の透明シートをカットする作業です。点字を打っていく透明シートを絵本のページのサイズに合わせてカットしていきます。1枚ずつの地味な作業で、少々のコツと、仲間との息の合った動きが必要です。

10時から始めた作業は、途中の休憩を挟んで12時きっかりで終了。持ってきたすべてのシートがカットされました。その枚数ウン百枚…終わった後は、息を合わせて身体を動かした作業ならではの達成感がありました。

残念ながら絵本のサイズに合わなくなってしまったシートももちろん無駄にはしません。写真のように、心を込めてつくる可愛いイルカのしおりに生まれ変わります。このイルカに込めた気持ちがたくさんの人に届きますように❗ そして、ユニリーフの活動を応援してくれる人のパワーがもっともっと広がりますように❗

=========

作業の後は新年ランチ会。作業を分担するのに拠点ができたらいいね~空家利用とかは?今年はどうしたらいいか考えよう!と、夢を語り合いました。活動拠点ゲットのアイデア募集中です!

 

 

Posted in お知らせ

絵本紹介コーナー開設!Suzu’s セレクト ①:ねむいねむいねずみ

新年から、絵本紹介コーナー開設です!

昨年掲載した全盲大学生コスタリカ紀行のご縁で、ICUのOG生、鈴ちゃんが、新着絵本の中から選りすぐりの1冊の魅力をたっぷり語ってくれることになりました。皆に全ての絵本は送れない・・でもこのコーナーを読んでおもしろそう~って思ったら是非リクエストしてくださいネ~!

毎日お仕事もしている鈴ちゃんなので、このコーナーは不定期に掲載します。どうぞお楽しみに~♪ 第1回は:

ささき まき 作・絵 『ねむい ねむい ねずみ』

==========

ねむくてねむくて、もう目が半分閉じているねずみの男の子が主人公のおはなし。読みながら、思わずねずみと一緒に「ふぁー」とあくびが出てしまうこと、間違いありません。

主人公のねずみは旅行中。
たくさん歩いてすっかりくたびれていた所に、ふるいいえを発見!今夜はここで眠ることに。

ねむいねむいねずみ、でも眠ろうとするたびにじゃまが入って眠れません。ベッドの上で「ふぁー」とおおきなあくび、するとドタン!ゴトン!音から逃れるために隠れた場所ははと時計の中。ポッポー!ポッポー!床に寝転がったらびんがガランゴロン!

ねずみはねむくてねむくてたまらない。とうとうねむいねむいねずみは空っぽの浴そうの中で眠ってしまいます。すると、やがてお水がごぼごぼごぼ・・・

しずかな時にはなかなか眠れないのに、ねむい時ほどじゃまが入って眠れないことよくありますよね。ほらねずみと一緒に「ふぁー」とあくびをして、じゃまが入って起こされない前に眠ってしまいましょう。

 

Posted in お知らせ