お知らせ

全盲大学生海外初一人旅、コスタリカ環境保護ボランティア紀行 その6(最終回)

度々私事で大変恐縮ですが、全盲娘の海外初一人旅、コスタリカ環境保護ボランティア紀行、『点字ジャーナル』連載の第6回(最終回)です。お付き合いくださった皆様、ご意見ご感想、温かい励ましをお寄せくださった皆様、本当にありがとうございました。

========

★20歳の春、忘れられない3週間inコスタリカ★
(6)「途上国」ということ(最終回)

いま、3週間のコスタリカ滞在を終えた私の胸には、ひとつの大きな疑問がある。
「途上国っていったいなんだろう?」
 コスタリカは途上国だ。治安が良く、政治や経済の面でいくつも先進的な政策を行っているが、欧米や日本と比べたら途上国と言わざるを得ない。
 しかし、何をもって途上だと言うのだろう。
 たしかに、私が泊まったボランティアハウスのシャワーは水、しかもたびたび出なくなるので、翌朝までシャワーを浴びられないこともあった。洗濯機は私にとっては生まれて初めて見る2層式。30度を越す暑さのなか道端に座り込んで、2時間待ってやってくるバスにエアコンはない。
 しかし、私たち先進国から来たボランティアが、そんなことに一喜一憂しているかたわらで、ティコス(コスタリカ人)たちはのんびりコーヒーを飲みながら笑い合い、ふらりとお互いの家を訪問し、夢中でサッカーを観戦している。日本語の挨拶を覚えてくれたり、オセロのようなゲームのコマに触ってわかる傷をつけてくれたり。物理的に快適とは言えない環境が、物への執着を和らげ、人をおおらかに、人間関係を密にするのだろうか。根本的な温かいものがそこにあり、なぜこの人たちの住む国が何か不完全なもののように言われるのか腑に落ちなかった。
 思えば、物は本来人間の生活を補うために編み出されたはずなのに、いつしか立場が逆転し、物には出来ないことを仕方なく人間が補うようになったのではないか。そして物の発達によって効率の良い生活が実現すればするほど、そうでないことが許せなくなり、人間にさえ物に負けないくらい効率の良い存在であることが求められる。結果、人同士の煩わしいコミュニケーションが減り、出来るだけ1人で早くなんでも出来ることが良しとされ、人々は同じ空間にいるにも関わらず孤立していく。
食事時には特に、そう感じずにはいられなかった。なぜかティコスたちとボランティアは別のテーブルについており、ティコスたちがおしゃべりに興じている横で、私たちボランティアはスマホやテレビばかり見て、会話は途切れがちだったのだ。言語も文化も考え方も違えば、話すのが億劫になったり、時には痛みを伴うことだってある。それでも、1人で画面に向き合うより、限られた時間しか一緒にいられない人々と語らうほうが大切ではないか。その構図に抗いきれなかった反省をこめて思う。
いまの私には、途上国という言葉が単にGDPがどうの、インフラがどうのといった、事実だけを意味しているとは思えない。物質的に豊かなことこそが発展の証であり、しかも、そうでない国の人たちは知能面や精神面でも劣っているという、恐ろしい偏見が潜んでいるような気がするのだ。
コスタリカに発つ前、私のなかにはたしかにそんな偏見があった。だからこそ、ホームページの「途上国でボランティア」というフレーズに、なんの違和感も覚えなかったのだ。彼らの私に対する自然な態度に驚いたのだって、その裏返しと言っていい。しかし実際は、当たり前だが、助けられ教えられ続けていたのは私のほうだった。自然の知識や、現地での暮らし方もそうだが、何よりも他者への思いやりや心の持ちようについて、多くのことを教わった。「途上国でボランティア」は、自分が楽しい体験をさせてもらう気満々なのに、あくまでボランティアの名を借り、無遠慮な好奇心丸出しでやってきた私を、それでも「人生最高!」と言って受け入れてくれた彼らの器の大きさがあってこそ成り立つのではないかと、なかば本気で思ったほどだ。
この文章を書くために最新の機械をいじりながら何を言うか。たった3週間で、コスタリカの何がわかる。そんなふうに突っ込まれたら、理路整然と答えることなどできない。それでも私は、20歳の春に自らの足で異国に向かい、素晴らしく温かい人々と出会い、自分の身体で感じて獲得したこの視点に誇りを持っている。ちょっぴり恥ずかしいけれど、ここで皆さんに読んでいただけて良かったと思う。
この先もこの視点を変わらずに持ち続けるのか、違う考えを持つようになるのかはわからない。でも、いまこの瞬間考え感じていることを忘れることはない。今回の旅を通じて、将来日本とラテンアメリカの間にある環境問題に取り組むという夢を与えられたからだ。コスタリカと何かしらの関わりを持ち続け、何年かしたら、私はどんな文章を書こうと思うだろう。いまから楽しみだ。

========

★20歳の春、忘れられない3週間inコスタリカ★
(『点字ジャーナル』連載(全6回) 2017年9月号~2018年年2月号)
~~バックナンバーは、こちらからどうぞ~~

(1)旅の始まり            http://unileaf.org/4903
(2)吠え猿の森            http://unileaf.org/5033
(3)モンテ・ベルデ          http://unileaf.org/5099
(4)コスタリカで考えたバリアフリー  http://unileaf.org/5176
(5)蝶を追って            http://unileaf.org/5271

 

利用者さんからのお便り 真冬

1月後半から2月半ばまでにいただいたお手紙です~今月はいつもとちょっと違うお便りがあったのでご紹介しますね~♪

◆関西の盲学校3年生H子ちゃんのお母様から、図書カードと一緒に素敵なお申し出が・・!絵本への思いが何より嬉しいです♥こんなことって初めて~!

ユニリーフの絵本を利用させていただくようになって、まだ間もないですが、本当にすばらしい絵本だと思います。(中略)点訳など、その他のことで、離れていてもお手伝いできそうなことがありましたら、ぜひ何かさせていただきたいと思いますので、お知らせ下さい。(点訳ボランティアをされているので、早速点字データの編集をお願いしました~!)

◆4年生の国語授業に貸出した神奈川県公立小学校の先生から。子どもたちの反応が素敵!

子どもたちは頭を寄せあって、点字にさわり、絵本を楽しみながら読んでいました。その後に、「なんで点字なのに、絵もあるの?」と問いかけると、「みんなで読むから!」と。手話体験や車いす体験、点字体験(自分の名前を点字で表す)をし、その後に「だれもが関わり合うために」で、それぞれ関心をもったことについて調べ、発表しました。おかげさまで、とてもよい学習ができました。校内の教職員にも紹介しました。

以下、省スペース、お許しください~

チンチン電車のはしるまちがおもしろかったです。(東京の盲学校1年生F雄クン、点字)
ダジャレの本は笑いながら読んでいました。(中略)1年生も終わりになり、F雄は読むのも打つのも速くなってきました。ユニリーフさんの本はそんなF雄に物語という色を付けてくれる大切な存在になりました。(上記F雄クンのママ)
あらしのよるにをまた貸してください
。(神奈川の5年生M実さん、点字)
いつも楽しみに絵本を待っております。あらしのよるにシリーズが全部読めてよかった!と息子が満足気に言っておりました
。(東京の盲学校3年生K大クン)
雪が降り、ゆきのひのお話や(はたらきものの)じょせつしゃけいてぃーのお話が、楽しく読むことができました
。(東京の盲学校2年生T吾クン)
ホネホネさんとラージャのカレーが好きなようでした。自分で本をめくるのも好きになっています
。(神奈川の年長さんR太朗クン)
最近本がとても好きなK之介、何度も読んでとせがんできます。妹がよんでる本もよこどりしちゃうくらいです
。(神奈川の園児さんK之介クン)
◆「かわいいお話とか?」「動物が出てくるお話とか。」等と言っていました。(
東京のオバケ好き、1年生のK真クン。そろそろオバケはないよとのお知らせに)
最近「死」について話すようになりまして「死んだらどうなるの?」とか「悲しいよね」とか話しています。何かそのような内容の絵本はあるでしょうか
?(千葉の年中さんY奈ちゃん)
◆九州の4年生T太くんも、点字の感想文ずっと続けています。えらいっ!
(『時計つくりのジョニー』)ジョニーはとても作るのが好きな男の子なので、すごいなと思いました。僕は昆虫は苦手だけど、調べたり本にのせたりするのは好きです。自分でやりたい気持ちがあって、一人で歯車をもらいに行ったりしていたのですごいなと思いました。

 

--------------
皆様から寄せられたお便りは、ご本人が特定されないような配慮のもとに、当HP、FBに掲載させていただくことがあります。掲載は困るという方は、事前にご連絡くださいますよう、よろしくお願い致します。

 

返却本の保管ポストができました!

見て、見て、立派で可愛いでしょう~
返却されてきた郵送袋を保管する専用ポストができました!

郵便屋さん、普段はお天気が悪いとビニール袋に入れて置いてくださるのですが、先日お天気の急変で夜帰宅したら袋がいくつもぐっしょり・・緩衝材のおかげで幸い本は無事でしたが、懸案でした。

たまたま新年会でいろいろな話をするうち、作ってあげるよ~!というお声が上がり、ものの10日後、こんなに素敵なポストが届きました!(ちょっと可愛過ぎて気恥ずかしい・・!?)

製作者のK さん(写真左下)は「趣味だから~」と製作費も受け取らず・・絵も描かれる多彩な方です。次はワークショップのイラストもお願いする予定~♪

人が集うって面白いですね~!何が出てくるかわからない!ユニリーフ自慢の愉快な仲間、楽しい出会いにあなたも是非~♪

 

 

 

 

新着絵本のお知らせ 1月

お待たせしました!新着絵本のお知らせです。左上から、

1.でんしゃがくるよ!
2.にじいろでんしゃ はっしゃしまーす!
3.おやすみ、はたらくくるまたち
4.ねこのジンジャー
5.にじいろのしまうま
6.くまさん おでかけ
7.マトリョーシカちゃん
8.おつきさま こんばんは
9.Where Are You Going?

年末に仕上げ過ぎて少なめですが、新品の良書ぞろいです。人気の電車本がまた2冊、点字がどんどん上手になっているキミに送りますね~気に入ってくれるかな?皆既月食を見たあとは、お月さまの本でさらにイメージ広げましょう。早速送りますね~どうぞお楽しみに♪

第4木曜定例作業会@逗子 1月

1月25日、定例作業会をしました。なんと総勢11名=新記録!有難いことです。

終了後は、ユニリーフ初の新年会!この日は会議室が取れず近所のレストランへ。お顔は知っていても、普段ゆっくり話す機会がないだけに新たな才能の発見も~?!

ユニバーサル絵本を知ってもらうための小さい絵本を作るのはどうだろう・・?小児科の待合室に置いたら?等々、来年度企画のアイデアも続々!そこまで一緒に考えていただけるのだ・・嬉しい驚きであり感無量でした。

昨秋からのnewメンバーHさんのご感想です↓

見える子も見えない子も一緒に楽しめる絵本。この言葉に感動し、参加したユニリーフさんの点字絵本作成作業会。作業の場は、優しさに満ち和やかな空気に包まれていた。作業をするお一人お一人の想いが、そのまま場の空気に反映され、目に見えない大切なものが、ここにあるのは明らかだった。作業中ボランティアの方々は、丁寧に黙々と作業に当たり、誰一人として手を抜くことはない。厳密な作業を支えるのは、思い遣りだ。私はというと、元々の不器用に老眼も加わり、気持ちとはウラハラな作業に・・・ただ絵本の向こう側に見える子供達の笑顔に拘われることや、皆さんのお仲間に入れて頂ける事を 嬉しく光栄に感じた次第で・・・その気持ちを今後に生かさねばと胸が熱くなる。お手伝いを通して感じたことは、目にみえない物こそ大切なもの。それは、絵本に新しく挟まれた透明の点字シートが物語る。誰でも一緒に楽しめる、その最高の喜びを感じてもらう為に、想いが集まって、形になった物だ。素晴らしい活動に参加できることを有難く思う。

 

逗子高校ワークショップ ユニバーサル絵本作り 2日目

1月22日、逗子高校総合学習「地域連携活動ワークショップ」の2日目。文章が例年より長めでハードル高かったかな・・と少々心配してのスタートです。

が、えっ?! 間違えて持ってくる人が少ない!点字は裏から打つので点字器のセットの仕方や余白が狂ったり何かヘン・・ということがよく起きるのですが、それがない!続々合格になって、時間が余り始めるほどでした。

感想も「思ったより簡単にできたので楽しかった」「点を打つだけで文字になっていることがすごいことで、自分もやっていて楽しかった」「知ると深くてもっと学んでみたい」「自分が打った点字が役に立って嬉しい」等々。英語でI love you. まで打ってくれていいですね~余裕です♥

では、この絵本は真っ白の点字だけの本に比べてなぜいいの?という問いに戻ると・・今度はベストアンサーかも!という答え→真っ白い本は「冷たい感じがする」。他にも「温かみが出る」「点字だけの本と絵のある本だと差がある気がする」」「とてもやさしいと感じました」「誰にでも読める」「目が見える人も見えない人も読むことができて互いに意見交換ができると思った」「子どもたちがコミュニケーションをとる上でとても大切なこと」「一緒に遊ぶきっかけになり、いいと思いました!」等々、とてもよく踏み込めていると思われる言葉が並びました。

改めて、今回は少数精鋭だったな~と外の大雪を眺めながら嬉しくなりました。生徒たちの力作は、3月の逗子トモイクフェスティバルで展示されます。どうぞご覧ください。

利用者さんからのお便り 1月

年末から1月にかけて、またまた楽しいお便りがたくさん!本年もよろしくお願い致します。

◆東京の1年生F太クンはいつも点字のお便りです。

いちばんたのしかったのは みんなうんちです。またかしてください。

ママの解説:「みんなうんち」はかなりうけていて、何度も読み返しては笑いころげていました。「ドライブにいこう」のように本の形が変わっているのも触っていておもしろいみたいですね。さらにおうちの絵本をお子さんと一緒にシール用紙に点訳され、F太と共有できる喜びを知ることができました。

◆お兄ちゃんと読んでいるのは神奈川の年長さんE介くん、将来の夢は大工さん!

お気に入りは「せかいのはてってどこですか?」「らいおんはしった」でした。

◆九州の盲学校5年生T大クンの感想は点字でどうぞ。ママからは嬉しいことに、全国各盲学校にお送りした絵本についてのご反応をいただきました!アンバサダー、ありがとう~

先日、学校に送られてきた「おおきなかぶ」と大下さんからのお手紙を拝見しました。保護者からは「おおきなかぶ」の絵本を手にして、「点字の読めない子も一緒に読めて、すごい」と感動しておりました。さらに、1つ1つ手作業で本作りをされていることにも驚いておりました。少しですが、ユニリーフさんの宣伝してきました。ただ、うちの学校には、点字使用者が少ないので・・。もっとユニリーフさんの本を読んでほしいなあと思いました。

◆三重県の盲学校3年生H子ちゃん。新年から楽しくてよかった~

物語になっているものも好きですが、「おやおや、おやさい」のように言葉遊びになっているものが、おもしろいようです。大笑いしながら読んでいました。

◆東京の盲学校2年生K太くん、点字ガンバってる!ガンバッてる!

今回はいつもよりたくさん「一緒に読もう」とK太が言いました。特に『せんろはつづく』は何度読んだことか、返却すると伝えると「また借りたい」と。風邪がなおらなかったり、赤ちゃんがえりしたりしていますが、本への興味が広がり成長を感じました。

◆千葉の年長Y実ちゃんに神奈川の年中Y恵ちゃん、東京の小3K雄クン、毎月絵本が届くのを楽しみにしていますとのこと。みんな読むのが速くなっているって、嬉しいですね。東京のK紗ちゃんは春からの小学校に憧れ、ペットブームも継続中。幼稚園の進路が希望どおりになった神奈川のKの助クン、K真クンと赤ちゃんの愛らしいお写真の御年賀状・・皆の成長に目を細めます♥

◆兵庫の元気いっぱい姉妹Y奈・K奈ちゃんは、素敵なクリスマスの時間になりました。楽譜があると、こんなふうにも使っていただけるのですね~♪

先日お借りした「ちいさなもみのき」は親子で楽しみました。父親とは一緒にピアノをひいてました!!

◆小学校も決まった神奈川のR翔クンも絵本で世界を広げている1人。

点字はまだまだですが、おかげさまでお話を作ったりするのが好きになってきました。



--------------
皆様から寄せられたお便りは、ご本人が特定されないような配慮のもとに、当HP、FBに掲載させていただくことがあります。掲載は困るという方は、事前にご連絡くださいますよう、よろしくお願い致します。

逗子高校ワークショップ ユニバーサル絵本作り 初日

1月15日、毎年恒例、逗子高校総合学習「地域連携活動ワークショップ」(全2回)が開催されました。地域の講師が行うカルチャーセンター顔負けの魅力的なメニューが14講座も!ムービー作り、写真、造形ワークショップ、トレイルラン、ヒップホップ・・そしてユニバーサル絵本作り。

まずはなぜこういう絵本だといいの?という投げかけに始まり、続いて点字の仕組み解説~点字盤で書くところまで一気にみっちり。今年は少なめだったのでゆっくり見回ることができ、そのせいか皆とても優秀!混乱している人や、難しい~!という感想を述べる人もほとんどおらず(これはスゴイ!)、かなりの人がなんと本番の下打ちまで進みました。

来週はいよいよ本番、シートに打ちます。この調子だとスイスイ行きそう・・楽しみですね。点字を読んでくれる子どもたちに思いを馳せ、偉大なる人類の発明の一端に触れる・・みんなの心に何かが響く授業になりますように~~

 

全盲大学生海外初一人旅、コスタリカ環境保護ボランティア紀行 その5

度々私事で大変恐縮ですが、全盲娘の海外初一人旅、コスタリカ環境保護ボランティア紀行、『点字ジャーナル』連載の第5回です。よろしければどうぞ読んでやってください。

==========

★20歳の春、忘れられない3週間 in コスタリカ★
(5)蝶を追って

コウモリ、吠え猿と並ぶ、バラオンダ国立公園の名物は蝶だ。青く美しいモルフォをはじめ数種類が生息しており、調査のためにみんなで手作りした罠をしかけに行ったことが忘れられない。
罠作りをするのは、公園で働く人々の憩いの場であるキッチンだ。四方に壁がないので、周りの木々から生き物が葉っぱを食べているような音がひっきりなしに聞こえ、羽音が聞き取れるほど近距離を小鳥が飛んでいく。食卓の50㎝横をイグアナが歩いていたりもする。雄大ではなく濃密という形容がふさわしい、臨場感のあるこの公園の自然とひとつながりになった空間だ。3月、乾季の太陽にジリジリと焼かれつつ、パイナップルやコーヒー、ジュースのように甘いお茶に舌鼓を打ちながら手を動かした。
ターゲットである蝶の大きさに比して、罠は大掛かりなものだった。目の細かい大きな網を、長さ1m、直径40㎝ほどの筒状に縫い合わせて作る。筒の底にあたる部分には、4本の短いひもでプラスチックのお皿をつるす。半分発酵させたパイナップルを置いて、蝶をおびきよせるためのものだ。お皿が傾かないようひもの長さを均等にするのが意外に難しかったが、要領をつかんでくると私はすっかり気をよくし、「将来、罠作り職人としてここで働かせてくれる?」と、スタッフ達にちょっぴり本気で聞いたりした。
罠をしかけるのは、鬱蒼とした森の中。地上6m、4m、2mのいずれかの枝を選んで、筒のてっぺんをくくりつける。巻尺代わりに罠の底からたらしてあるそれぞれの長さのひもが、たるまずに地面に届いていればOKだ。種類によって飛ぶ高さが異なるので、捕える種類に偏りが出ないよう、高さを変えるのだという。蝶は上に向かって飛ぶ習性があるので、いったん網の下に入ると後戻りできないという話も面白かった。そんな蝶の生態を熟知し、調査を仕切っていたスタッフは、「本を読んで自分で勉強した。学校で勉強したことと何を仕事にするかは別さ、そうだろう?」とさわやかなプロ意識をにじませていた。私が罠職人として公園で働く日はまだまだ遠そうだ。
日の出前に起きて罠を見回りに行ったとき、森で不思議な木を見つけた。長さ5、6cmほどの平たい半円状のサヤがたくさん実っている。サヤの外側の円周に種が入ってぼこぼことふくらみ、格闘技をやってうっ血した耳のようだ。コスタリカの先住民も同じことを考えたらしく、この木は彼らの言葉で耳を意味するグアナカステという名で呼ばれていた。私が2本のサヤを自分の耳にさして写真に納まらずにいられなかった気持ちは、分かってもらえると思う。ちなみにグアナカステツリーはコスタリカの国の木であり、種は手工芸品にも使われていて、ガイドのロリにもらったネックレスは私の宝物だ。
見回りに行く私たちに、キッチンのおばちゃんが持たせてくれた朝ごはんのことも思い出す。直径25㎝ほどのタッパーに、コスタリカでほぼ毎食食べられている豆ごはんがどっさり。その上にはカリッと焼いた甘いバナナや、卵、とうもろこしのトルティージャなどが無造作に乗っている。そのタッパーと丸のままのリンゴを、むき出しのフォークと共にリュックに放り込み、いざ森へ。日本のかわいいお弁当箱やアルミカップ、星型ニンジンやらタコさんウィンナーやらがいかに特異なものか、改めて思い知った。次第に目覚めていく森の中で、見晴らし台に座って食べた朝ごはんは、格別の味だった。
このおばちゃんは、みんなの食事を作るために週末もキッチンにいたので、ゆるゆると過ぎる休日の昼下がり、私はよく彼女や中学生になる彼女の娘、親子の近所の友人たちと過ごしていた。スペイン語しか話さない彼らとの時間は、自分の語学力を試すチャンスであり、言葉が満足に通じなくても人はこんなに仲良くなれるという証左でもあった。私たちは互いの国や学校、恋愛の話で盛り上がった。私が日本語や点字を教えると、おばちゃんはなぜかスペイン語の指文字を教えてくれた。肩もみや腕相撲をし、音楽を聴いているときは、言葉はいらなかった。すっかりくつろいだ私は、地球の裏側に来ていることをうっかり忘れるほどだった。
蝶の調査と、そこに連なる思い出をたどると、ほおが緩むのを抑えられない。帰国して9か月が経っても、あの3週間の出来事をこれほど鮮やかに思い出せるとは、なんと幸せなことだろう。(次号、最終回へ続く)

新着絵本のお知らせ 2017年製作300冊超!

本年最終、新着絵本のお知らせです。上写真、左上から、

1.しろくまちゃん パンかいに
2.のげしとおひさま
3.おひさま ぽかぽか
4.かえるとカレーライス
5.いしゃがよい
6.もしもし おでんわ
7.おさじさん
8.くれよんのくろくん
9.くろくんとふしぎなともだち
10.くろくんとなぞのおばけ
11.わんわん なくのはだあれ
12.あいうえおばけだぞ
13.りすのかぞえうた
14.もじゃ もじゃ
15.Who Lives Here?
16.Under the Sky
17.Round and Round the Seasons Go

下写真、左上から、
18.つぐみのひげの王さま
19.いっしょにいたら たのしいね
20.落語絵本 ひとめあがり
21.落語絵本 みょうがやど
22.落語絵本 めぐろのさんま
23.へびのクリクター
24.マリールイズ いえでする
25.よかったね ネッドくん / Fortunately
26.海をかっとばせ
27.はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー
28.はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー
29.しんかんせんで おいかけろ!
30.うちにかえったガラゴ
31.はがぬけたよ
32.にぎりめしごろごろ
33.のろまなローラー

数えてビックリ!! 本年はなんと312冊も作りました!蔵書だけでも244冊(月20冊!!、わぉ~)+全国盲学校に送付した60数冊。昨年の2倍、一昨年の何と4倍です!オムロン様からご寄付いただいた落語絵本シリーズも、年内にまさかの全13冊が完成しました!

なんと言っても機械の威力が大きいですがさらに、ゆめコープ様のご支援で絵本を一括購入し見通しを立てられたこと、作業会で皆がシートをどんどん切ってくれたこと、優秀な点訳者Iさんのエネルギッシュな働き、フィルム仕上げの熟練度もアップし・・2年前には1000冊プロジェクトなんて夢のまた夢、と思っていましたが、すでに800冊を超え、視野に入ってきました~!

1人は、1日はほんの少しでも、続けているといつしか大きな力になることを学んだ1年でした。関わってくださったすべての皆様、本当に有難うございました!来年もどうぞよろしくお願い致します。