お知らせ

国際基督教大学でユニバーサル絵本製作講座を開催します

SNSにアップした点字講座の動画を見てくださり、12月に国際基督教大学でユニバーサル絵本製作講座をさせていただくことになりました。

今回はハイブリッド方式と、対面・オンライン両方から参加予定で、初の試み!と楽しみにしていました。が、昨日嬉しい連絡が・・

========

学内で参加者募集をしたところ、大盛況ですぐに定員の15名が埋まりました(全員対面希望です)。募集開始2時間弱で申込を一旦閉め切らなければならなかったほどで、学生が「ユニバーサル絵本」に興味を持ってくれていることが分かり、私たちも嬉しい限りです。

========

えっ、ホント?大学生がこんな点字に興味を持ってくれているとは・・!他にも見学希望の学生さんがあり、Zoomもつないで講座の様子を見学できるようにするとのこと。

若者に広めたいと10年前に逗子高校で始めた講座ですが、こんなウレシイ広がり夢にも思わず・・これからも多くの方に体験していただけるといい・・期待を裏切らないよう、しっかり準備していきたいと思います。

 

日本政府・総理官邸の公式SNSで紹介されました

日本政府・総理官邸が、日本の政策や取り組みを、国際広報を目的に海外に発信するJapan GovernmentのSNS「JAPAN GOV」 で、11月1日の点字の日にちなみ、ユニリーフの活動が紹介されました。このSNSでは、日本に関係するトピックスが、1日1記事以上、日々投稿(言語:英語)されています。

【内閣府首相官邸公式SNSアカウント】
https://www.facebook.com/JapanGov
https://twitter.com/japangov

目的:日本政府の海外広報として、日本の魅力、文化、技術力などを発信
ターゲット:英語圏(主にG7諸国)
言語:主に英語

★掲載記事(2020.11.1)は以下のとおりです↓↓↓

 

The Gov’t of Japan on Twitter“It’s #BrailleDay in Japan! OSHITA Rieko turns a page for kids of all abilities w/her nonprofit UniLeaf, redesigning children’s books w/transparent Braille sheets. Her 1000-book library is the 1st of its kind in the country. #MeetTheChangemakers”

twitter.com

新着絵本のお知らせ  紅葉の候

お待たせしました!新着絵本のお知らせです。左上から、

1.うんこ!
2.ことばのえほん あいうえお
3.いいから いいから
4.十二支のお節料理
5.まるのおうさま
6.ようい どん
7.こちょばこ こちょばこ
8.あおい目のこねこ
9.あっ! ゆきだ
10.このいろなあに
11.ふとんがふっとんだ

今回は、いろいろなご縁をいただいてできあがった本をがたくさん!
『うんこ!』は、2年前に全盲のお子さんが通い、絵本を定期利用してくださった東京の幼稚園の園長先生が、ボランティアでWord原稿を作ってくださったもの。『こちょばこ こちょばこ』は、今夏初めて横須賀市の三浦学苑高校で、生徒さんが企画してくれたオンライン講座で作りました。逗子高校からも3冊、『ふとんがふっとんだ』は今年が最後となる夏季点字講習会での作品。

触れるように、文字や図を付けた本も2冊入りました。
『ことばのえほん あいうえお』は全ページにひらがなとかたかなの形がついています。図の作成が二転三転し3年越しとなった科学絵本『あっ!ゆきだ』にも、3種類の雪の結晶がついています。

新たなWord原稿作成ボランティアのご希望もいただき、昔の絵本を綺麗に打ち直してく出さっている方もあります。よきつながりは何より嬉しいこと、ご縁をいただいた皆々様に心より御礼申し上げます。

 

 

逗子高校総合学習 ユニバーサル絵本作り

10月19日、26日と、県立逗子高校で恒例の地域講師によるワークショップがありました。ユニリーフもユニバーサル絵本作りで参加しました。

今年で10回目、初回の2011年から参加させていただいていますが、逗子高校は完校を控えており、今年が最後です。生徒さんと共にここで私も鍛えていただき、現在の市民講座やオンライン講座に繋がっています。

毎年ながら皆真剣に取り組んでくれ、先生もご一緒に学んでくださり嬉しい限り。やっている最中からミスが少ないな~と思っていましたが、今年は初めて⁉時間内に全員のシートが仕上がりました!!これはスゴイ!嬉しいことです。

点字で書いてもらった感想もご紹介しますね。
「点字のすごさを学べました」
「たった少しの文を打つだけなのにかなり大変だった」
「前回休んでいたけど間違えず出来た」
「鏡文字にするのがむずかしかったが 点字を打つのがとても楽しかった」

他の講師の皆様の講座もとても興味深く、今年は歌にダンス、火星の話、読み聞かせ、アート制作、トレイルラン・・どれも習ってみたいものばかり、いいなぁ~高校生。

逗子高校の先生方、関係者の皆様、講師の皆様、そして何より生徒さんたち、10年間楽しかったです。素晴らしい機会を与えてくださり、本当に有難うございました。

 

 

東京家政大学ゼミ生が学祭で完成絵本を披露しました

東京家政大学田中ゼミの皆さんが、オンライン講座で製作した ユニバーサル絵本の歩みや感想を、10月24日25日開催のオンライン学祭で報告披露しています。

 


ユニリーフにとっても初のほぼ全行程オンライン。 
9月1日に学生さんたちとつながってお話と簡単な点字講座を行い、その後の作業過程はステップを踏むごとに、報告・連絡・相談を重ねて進めていきました。

 

全てが郵送のやり取りで時間がかかり心配しましたが、ほぼ全員がノーミスのシートを送ってくれてギギリセーフ! 

“コロナ禍でも仲間と一つの絵本を作ることで、かけがえのない活動と思い出ができた”
“ユニバーサル絵本の存在をもっとたくさんの人に知ってほしい”

というゼミ生の感想がありましたが、ユニリーフも同じ思いで取り組んでいます。

出来上がった2冊のユニバーサル絵本は、皆さんの第一歩で誕生したもの。

今回の活動が、学ばれている専門分野にもつながりますよう、田中ゼミの皆さんのご活躍を、この絵本の広がりと共に願っています。

どうもありがとうございました!

 

東京のFMラジオ「J-WAVE」でお話しました

-JK RADIO-TOKYO UNITED(PART1)

出演者 : ジョン・カビラ

10月16日(金) 08:23:30-08:28:30  「KIDZANIA TOKYO EYES ON THE FUTURE」(提供:キッザニア東京)で、ユニバーサル絵本と活動について紹介しました。英国の若者の素敵なふるまいのエピソードも、私の’夢’としてお話しました。

「2020の先の世界の主役になる子供たちと未来にUNITE。子供と未来というフィルターを通してみる世界。をキーワードに、子供たちの未来に対する声と、未来の社会に関して取り組んでいるモノ・ヒト・コト・サービスを紹介していきます」というコーナーです。なんと光栄なこと・・

気さくにたくさん話を聞きまとめてくださったS様、番組ではプロの深く美しいお声でご紹介くださり、絵本もなんだか別モノのように素敵に聞こえます。ご紹介どうもありがとうございました。早速ボランティアのご応募いただきました。

放送は、無料アプリradiko(ラジコ)でお聞きいただけます。

 

第2木曜定例作業会@逗子 10月

10月15日(木)、木曜日の定例作業会をしました。実に8か月ぶりです!

大下から新しい企画の説明や進捗、夢についてお話し、メンバーからは近況報告。その後は本の修理を中心に、久々の作業に励みました。

以下、Tさんのレポートです。

=======

3月からお休みしていた作業会ですが、本日、久しぶりに楽しい仲間が集まり、活動する事ができました。1人で自宅でやるのもいいのですが、やはり、みんなで集まってワイワイやるのは楽しいですね。あっという間に終わってしまいました。
コロナの影響で、大人数の活動は難しいので、少人数単位で作業が出来るようにしていけたらいいかなと思いました。M.T

=======

蔵書が1000冊を超え整理が必要なこと、新しい企画も始まったことで、製作は少しゆっくりになります。それに伴い、作業会もしばらくは隔月開催とする予定です。

 

江ノ島電鉄本社を訪問しました

ユニリーフの新企画、ユニバーサル建造物像プロジェクト!江の島ユニバーサル地形模型像の設置に向けて、歩みを進めています。

藤沢市の助成事業へ申請している「五感で楽しむ江の島 ユニバーサル観光事業」ですが、この江の島ブロンズ像を駅に置かせていただけないかと、9月30日、市のコーディネーターの皆様と、江ノ島電鉄様の本社へ伺いました。

今回は鉄道会社ということで、地形模型像に加え、さわれる電車模型や展示物があったら、より多くの笑顔と楽しさをレールに乗せて、江の島へ導くことができるのではないか… 電車が大好きな子どもたち、青年たち、とりわけ立体物に触ることで実体をよりよく捉えられる種々の困難を持つ子どもたちも皆一緒に、楽しめる場になったら… そんな願いもお話しさせていただきました。

いただいた時間は20分。思いが先行し早口になる中、コーディネーターの方がユニリーフの活動基盤や、今回の経緯などを的確にフォローしてくださり、奇跡的にも時間厳守でしっかりお伝えすることができました。緊張感全開の訪問でしたが、ご担当者が笑顔で受け止めてくださり、課題やお考えをお話しくださったことは、前へ進むための大きなエネルギーになりました。これからの可能性について、またアイデアや方策を練ってまいりたいと思います。皆様のお知恵やお力をお貸しください。

江ノ島電鉄様、この度はお時間をお取り分け頂きありがとうございました。

 

点字講座の動画をYouTubeにアップしました

ユニバーサル絵本製作講座の点字講習の部分を中心に、動画を制作しました!

点字のさわりの部分、基礎の基礎だけですが、一人でも多くの方が点字に触れ、仕組みを知り、人類の偉大な発明を楽しんでくださったら嬉しいです。

今どきとはいえ、動画制作なんて初めてのことばかり。世の中にいっぱい出回っているけれど、作るとなると大変なんだな~と痛感しました。撮影も、最初は緊張、最後は投げやり・・ですが、英・日点字の触読の様子や視覚障害者の最新機器等の映像も盛り込んだ、ユニリーフならではのスペシャル点字講座、全4部です!

①点字の仕組み 清音
②点字の仕組み 濁音・数字等
③点字のかなづかいと表記のルール
④点字の書き方

よろしければ、こちらからどうぞご覧ください↓↓↓

https://www.youtube.com/channel/UCAj0xltsqjwadzPJUYf6D1Q/featured

★この講座は、資料がお手元にあることを前提に話しています。ご希望の方にはPDFファイルでお送りしますので、HPよりお声掛けください。

(動画制作にあたっては、逗子市民交流センターに大変お世話になりました。どうも有難うございました。)

 

日本新薬株式会社様に原稿を作成していただきました

日本新薬株式会社様より、絵本の原稿作成へのお力添えをいただきました。

京都にあるこちらの会社は「はしる図書館 日本新薬きらきら未来ゴー!」と銘打った、素敵な社会貢献活動をされていらっしゃいます。車内には約800冊もの絵本や図鑑などがあり、小学校や特別支援学校を訪問しているそうです。たくさんの子どもが様々な本と触れ合い、その豊かな読書体験が広く地域に根付いていく様子が目に浮かびます。

今回ユニリーフへいただいた原稿は7冊分あり、きっと大変なお骨折りとお時間をいただいたことと想像します。どれも長編でなかなか取りかかれなかった作品です。この社会状況下で集まって作業することもままならず、そのような中で京都から届いた思いに感謝の気持ちもひとしおです。

絵本を手にとる子どもたちのワクワクする姿を思い浮かべ、これから作製してまいります。読書の秋にふさわしい、読み応えのある名作ばかりですので、皆さん楽しみに待っていてくださいね。

日本新薬株式会社様、この度はたくさんのご支援をありがとうございました。