お知らせ

利用者さんからのお便り 4月

新年度が始まりました。みんなもう新しい生活に慣れたかな。お便りご紹介しますね~

◆まず初めは、あらしのよるにを楽しんでいる関西の普通小新4年生Y果ちゃん。

今月も読書を楽しんでいました。ふぶきのあしたを読み”ともだちっていいなぁ~”としみじみしていました。
今日(3月下旬)、クラスメイトの前で”まんげつのよるに”を少しだけ朗読するようです。ユニリーフさんが作っている絵本を見せて、目の見えない人、見えにくい人、見える人が共有できる本だと説明するのだとハリキッて学校へ行きました。たくましいです。今月も家族で本を一緒に読めて楽しく幸せでした♡

◆お母様も一緒に読まれいつも世界を共有、感想文も継続されている、ご家庭力素晴らしい九州の新6年生T太クン。「よみがえれ えりもの森」お勧めです、と。

森がとてもいい場所で、海ではおいしそうなコンブがあったので、浜辺の人達がコンブを乾すなんて初めて知りました。でも砂漠のせいで風が吹いて砂が飛んだり、海に雨で漁が増えてコンブがどろになりました。風や種などが守られなかったものがなおって、おいしそうなコンブが取れるようになってよかったです。

◆ご家族の素敵なお写真送ってくれた関西の盲学校新4年生のH実さん。

H実は、最近動物ブームで、ネコ、ブタ、アザラシなどが大好きです。動物の出てくる本があれば、お願いします。

◆こちらも点字のお手紙くださる東京の盲学校新2年生のF雄クン。

ユニリーフさん 今回もありがとうございます。また4月になっても楽しい絵本を来るといいと思います。「なぞなぞあそび」「てのひらおんどけい」「のっていこう」「どうぐ」「サンドイッチつくろう」楽しかったです。早くリニアモーターカーの絵本が来てほしいです。4月になっても楽しい絵本と、おもしろい絵本が来てほしいです。

◆絵本一家の東京の盲学校新3年生、T次朗クン。絵本で広がる世界、嬉しいですね。

「しんかんせんでおいかけろ」を読んで、寝台特急や新幹線に乗りたくなったようです。寝台はなかなか難しいですが、夏に向けて計画を立てようかなと考えています。

◆英語続けている新年少のK真クン。興味が広がってきたね~

最近英語の歌がブームで、口ずさんでいます。エリック・カールの絵本が好きみたいで、初見でくいつき、自分で読んでくれと持ってきます。今回の「しろくまくん・・」は、せいうちと言って喜んでます。電車の本も好きです。

◆盲学校幼稚部の先生も、いつも感想をくださいます。

今年は雪に触れる機会に恵まれたので、雪(冬)に関する絵本を子どもたちと楽しみました。4月からまた新しいお子さん達と絵本を楽しみたいと思います。(後略)

◆他にも、入学式があった~大騒ぎで大変だった・・!、保育園での生活が始まり先生も親も手探りです、新学期が始まり変化に弱いので早速不安そう・・縦にも横にも大きくなった!、と新生活の変化が寄せられました。親子で一つ一つ乗り切っていきましょうね♪

 

--------------
皆様から寄せられたお便りは、ご本人が特定されないような配慮のもとに、当HP、FBに掲載させていただくことがあります。掲載は困るという方は、事前にご連絡くださいますよう、よろしくお願い致します。

 

東京府中で絵本製作講座をすることになりました! 7/22

4月16日、東京都府中市市民活動センター プラッツ様のご来訪があり、今7月にユニバーサル絵本製作講座をさせていただくことになりました!

今回は、7月のセンター1周年記念行事の一環で、3月思いのほか好評だった点字イベントの第2弾という位置づけ。2日後には、バイオリニスト川畠成道さんのコンサートも予定されているという豪華一大行事です。

センターは、府中駅前に1年前に建った真新しいビル。充実した会議室がありながら、あえておしゃれなオープンスペースでの企画開催、多くの方の目に触れるよう図らってくださっています。全1日3時間、皆さんで1~2冊作り、さらに恒例点字タイプライター体験等も詰めていきます。

ユニリーフ初の東京イベント!どんな出会いがあるか、今からとっても楽しみです♪

 

第2木曜定例作業会 @逗子

定例作業会は、新年度から第2木曜日になりました。いつもニコニコOさん、あらっ今日はお休み・・!? 皆一斉に「気になる・・」。第4木曜と間違えないでまた来てくださいね~

さて、今月も絵本本文データ化の続きです。今回大活躍のKさん、こんな立派なマニュアルまで作ってくださいました!もうひと息ですね。以下、そのKさんのご感想です↓
======
今回は先月の定例会に引き続き、絵本を撮影し、テキスト化し、その後、点訳ソフトにかけられるようにする作業をみんなでできるようにと、マニュアルを作成し、その内容をつめました。パソコン作業で分からない部分も多く、難しいですが、たくさんの人が簡単に作業できるよう、早く軌道に乗せたいです。
======

そして、先日イベントで点字タイプライター体験をしてくれた息子クンのその後・・
======
 先日、325日逗子トモイクフェスティバルに行き、点字タイプライター体験を、春休み中の子ども達(小2、小6)がしました。後日、小2の息子が駅で点字の案内板をみつけ、「なんて書いてあるのかなぁ」と興味津々に触っていました。それまで、点字なんて見たことも触ったこともなかった息子ですが、急に興味がわいたのでしょう。知ってもらう活動はとても意味のあることなのだなぁと思う経験でした。ありがとうございました。


新年度の初貸し出し、発送しました!

新年度、スタートですね~♪
入園入学、進級おめでとうございます!

定期貸出しは、いつも月初めに発送します。ご家庭への貸し出し分は、本日ほぼ終了。郵便局では裏口にまわって車を横付けし、台車にプラかご3個をのせて詰め込みお願いをします。こうして間もなく、みんなのおうちに届きます。

ご家庭への貸し出しは現在25件程度、1か月分でがほぼこのくらい。プラス団体貸し出し分=盲学校幼稚部、小学部、普通小学校数件で40余冊が別に発送されます。

この本気に入るかな・・?文が多過ぎない・・?妹さんも一緒に楽しめるかな・・?一人一人のお顔を思い浮かべつつ送り状に一言を添え、皆の1か月に思いを馳せる時間です。特に入園、入学のみんなはドキドキですよね(ママがかな・・笑)。新しく始まる1年が良い年になりますように・・今年度もどうぞよろしくお願いします!

 

新着絵本のお知らせ 3月

お待たせしました!新着絵本のお知らせです。左上から、

1.マーシャと白い鳥
2.うみべのハリー
3.お化けの海水浴
4.しゅっぱつ しんこう!
5.いいことって どんなこと
6.こぶじいさま
7.ねこふんじゃった
8.はるです はるのおおそうじ
9.かいものづくし
10.どこでおひるね しようかな
11.わたしたちのトビアス
12.ちいさな きかんしゃ

進級、進学、おめでとうございます!新しい環境にワクワク、ドキドキしていますか?楽しく、無理なく、ゆっくり慣れていきましょうネ。

ユニリーフでも、絵本データをたくさん作ってくださっていた方が会社を離れ、新生活をスタートされました。そのデータ作りを今、皆で学んでいます。こちらも少しゆっくりですが、頑張っていますよ~♪ そのうちデータ作りのボランティア募集します。点字知らなくても、遠い方でもできますので、ご興味あったら是非お声かけくださいね~

 

逗子トモイクフェスティバル

3月25日快晴の日曜日、逗子トモイクフェスティバルに参加しました。

今年は、逗子の海と山をイメージした「ぽこぽこ海とへにゃらら山のなかまたち」という素敵なアート空間の一画にて、点字しおり作りワークショップ。

それにちなんで、いつものしおりも海の仲間、山の仲間でご用意し、とっても素敵にグレードアップしました。

諸々好条件に恵まれ、小学生を中心に多くの方が点字タイプライターを体験、イルカや貝や葉っぱのしおり30枚程も早々になくなりました。2年前も来た、その時も点字をほめてもらった、とお嬢さんと立ち寄られご寄付までくださった方も。毎年出展することで、そんなお顔見知りが地域にできるのは本当に嬉しいことです。

今回は一福祉団体ではなく一絵本の活動という趣で参加し、ほのぼのした空間でゆったりと過ごしました。が、来てくださった方は去年を大きく上回りました。

せっかくの素晴らしい媒体である絵本を扱っている私たち、これをもっと生かすべき・・活動10年にしてすとんと心に落ちた春の1日でした。

 

 

KDDI様に退職のご挨拶に伺いました

3月23日、KDDI株式会社を退職されるY様にご挨拶に伺いました。

わずか10日前も、絵本データ作成のご指導に拙宅まで来てくださいました。2013年に初めてご寄付をいただいて以来、CSRのご担当として全然畑違いの点字まで学ばれ・・全て手で打っていた点訳を機械化するため、個人輸入したプリンターにマニュアルを作り、プリントアウトするための本文データを実に150冊も作り続けて、軌道に乗せてくださいました。今、皆が800数十冊の絵本を存分に楽しめるのも、陰にこの方の御働きがあり、現場をよく知る頼れる存在でいてくださいました。

会社は離れられますが、また何かあったら、と言ってくださり、大丈夫、ご連絡先はいただきました!少し時が経って一段落されたら、どうぞまたご指導ください。Y様、5年間本当に有難うございました。そしてこれからもよろしくお願い致します。

 

第4木曜定例作業会@逗子 3月

3月22日、第4木曜定例作業会をしました。

今日はなんだかみんな真剣な雰囲気~~というのも、先日KDDI様に教えていただいた絵本のデータ作成方法を、皆で習っているのです。

初日からさくさく・・とはやはりいかず、テキストデータを作成する前段階、アカウントの取り方やら、写真をPCに移す方法やらで、???もしばしば・・それでも2~3名のわかる人がまず枠組みを作り、それぞれやってみてからってからまた持ち寄ろう、ということに。何でも軌道に乗せるところまでが大変です。

本日は春休みということで、逗子高校ボランティア部のOG2人もお顔を見せてくれました!長期休みのたびに1冊打ってくれるKさん、イベントでいつも力を発揮する美大のNさん。本当に嬉しいことですね~以下、Nさんが寄せてくれた感想です。

========
実は作業会には初めて行きました◎
作業だけじゃなく、皆さんとお話もできて楽しかったです!
また参加します。
========

4月から、定例作業会は第2木曜日に変更になります。ご興味のある方、どうぞご一報ください!

 

利用者さんからのお便り 3月

3月初めからのお便りです~♪ 最近は英語のCDのリクエスト増えています。お便り、ご紹介しますね~

◆まず初めは、関西の普通小3年生Y子ちゃん。やっぱり人気はあらしのよるに!

”あらしのよるに”シリーズをドキドキしながら読んでいます。今のところY子の予想では、オオカミガブがヤギのメイを食べてしまうのではないか!?と考えているようです。英語のCDは週末に聴くというルーティン化に成功しつつあり、まだ耳で聞くだけですが、文章で覚えることができています。(中略)妹のムチャクチャ英語で笑ったり、バムとケロを仲良く読んだり、今月も楽しい時間となりました。

◆がんばって点字でお手紙くれる東京の盲学校のF太クン。文が長くなってきたね~

今度は3月に、また5冊の本がくるのを楽しみにしています。5冊面白かったです。

ママからも、
F太は、ユニリーフの存在が大きくなってきたようで、月の初めには、「まだ本来ないの?」と心待ちにするようになりました。また月の終わりには、「ママ、そろそろ本返してきてよ」(次の本、借りられないじゃん)という会話をするようになってきました。点字を読むペースも速くなってきたので、少し難しめの本も入れてください。

 ◆関西の盲学校3年生H実ちゃん。経験からユニリーフ絵本の良さに触れてくださいました。

1か月は、長いようであっという間ですね。もう返却する時期が来たと残念そうですが、また新しい絵本が来ると思うと楽しみな様子です。
H実は、双子の姉妹で、同い年の妹がいます。妹の方は晴眼で、地域の小学校に行っていますが、いつも妹の方が絵本を出してきて、先に読んでいます。

今まで、点字付絵本は、文字の上に透明シールに点字を打ったものが、貼りつけられているものを読んでいて、下の文字が読みにくかったのです。でも、ユニリーフの絵本は、文字を邪魔することなく読めるので、妹も楽しめます。一緒に読めるって素晴らしいなと感じています。

◆九州のT大クンは点字の感想文。T大クンも入退院を繰り返していたそうです。

いもうとのにゅういん
いもうとが病気になってかわいそうだなと思いました。この本の中の人は大変なんだなと思いました。ここのいもうとは入院しているから、僕と一緒だと思いました。ここの本のおねえちゃんとお父さんはやさしいと思いました。この本のお姉ちゃんはいもうとのことをとってもだいじにしてるんだなと思いました。

ひとことお便りもたくさん!ありがとう~♪

◆『くだもの』親子3人で楽しみました。兄が読んで(母が教えながら)妹も興味を持ってみていました。(東京の盲学校2年生K広くん)

「でんしゃがくるよ」の警笛音「ビーボー」がお気に入りで、ビーボーと何度も本に合わせて言っていました。(東京の盲学校2年生T雄クン)

(はたらきものもじょせつしゃ)けいてぃの本がとても楽しかったとE介は言っています。(神奈川の年長さんE介くん)

動物に加え、草花やお天気、自然など興味が広がり、質問に答えられないことも多いです。(東京の年中さん、K奈ちゃん)

Y紗は思い出しては絵本を出してきて読んでいます。絵本があるっていいなあと思っています。(千葉の年中さん、Y紗ちゃん)

今回もどれもとっても楽しそうに聞き入って質問してくれたりしました。もうすぐ1年生、少しずつ自分で点を追ってくれる日が来るのかなぁと思いながら読んでいます。(神奈川の年長さん、Rクン)

最近「えいごであそぼ」のビデオを繰り返し見て、英語にはまっています。CDも「えいごのうた」(←聞き取り難しい!)をとリクエストされ、リピートしています。このまま英語好きになってくれればと妄想しちゃいます。(神奈川の3歳、K真クン)

 

--------------
皆様から寄せられたお便りは、ご本人が特定されないような配慮のもとに、当HP、FBに掲載させていただくことがあります。掲載は困るという方は、事前にご連絡くださいますよう、よろしくお願い致します。

パルシステム様の月刊誌で取材いただきました

3月17日、パルシステム生活協同組合連合会様の月刊誌『のんびる』で、ユニリーフの活動を取材いただきました。

昨年12月に、パルシステム合同助成金報告会で神奈川の事例としてお話しさせていただきましたが、目の不自由な子もそうでない子も一緒に絵本を楽しむというコンセプトに共感してくださったそうです。

今回の特集はずばり、「いっしょがいいね2 障がいがあってもなくても」、誰もがともに暮らす社会を目指した特集とのこと。首都圏中心に7000部、お一人でも多くの方に知っていただけるのは感謝以外ありませんが、対象が女性の雑誌で特集されること自体、道のりは遠いのかもしれません。