利用者さんからのお便り 12月

本年最後の利用者さんからのお便りです。視覚障碍児は少ないので、頼まれて学校等で話をされるお母様も少なくないようです。

◆初めは、なんて可愛い1歳のお嬢さんのお母様から。

最近歩けるようになり、ヨチヨチ歩き回っています。送っていただいた絵本は、ノンタンの「は、は、はっくしょーん」という響きがおもしろいようでゲラゲラ笑ってくれるので、つい何度も「はっくしょーん」と言って楽しませていただきました。「おててがでたよ」では、手や頭をさわりながら読み進めていたところ、少しずつ体の部位の名前がわかってきた様子で、また絵本を通して成長を感じることができました。

◆表彰式の祝賀会に来てくださった3年生のF太くんのママから。

改めて、絵本を点字で読めることの有難さを感じました。会場に来ていた方々もさすが、社会貢献されている方々、とても優しい方ばかりでした。F太と共にとても暖かい時間を過ごさせていただきました。

◆不定期のご利用で、お嬢さんが交流している小学校の総合学習で紹介してくださったお母様がありました。別の小学校でも学校に点字の本がなく、4年生の点字の単元で先生にご紹介くださったとのこと。現場へのご紹介は嬉しく行動力溢れる素晴らしいアンバサダー!

子どもたちも興味深く見ていて、さわりながら読んでいました。(中略)娘は「どこでおひるねしようかな」が気に入って、寝る前に何度かこの絵本を読みました。

◆こちらも北陸でアンバサダー、盲学校3年生R子ちゃんのお母様。

今年も1年たっぷりと点字本を楽しませていただきました。先日、小学校4年生の授業の依頼を受け、JR・スクールバスを使った通学や、ユニリーフさんの点字絵本を紹介しました。

◆神奈川の年中さんK男クンのママも意識高く。

すごい賞を2つも受賞、おめでとうございます。長く続けられてきたこと、それをママが立ち上げ運営されてきたことに感心するばかりです。私には出来ませんが、少しでも視覚障害へ興味を持ってくれる人が増えるよう話していけたらと思っています。

◆関西の普通小5年生Y実ちゃん。いつもすごく読んでくれてありがとう。無理しなくてよいので、何より元気でいてください。

体調不良もあり本を読む時間が減っているのに、11月分のお借りしている本を物色し興味のそそるタイトルの本から読んでおり、10月分の本を昨日やっと読み終えました。

◆こちらも関西からのご利用の1年生のお嬢さん。

点字はずいぶん上手に読めるようになっています。

◆東京の1年生Y莉ちゃん。

今年は小学生になり日々バタバタでゆっくり絵本を読む時間がなかったので、来年は時間を作りたいなあと思っています。

◆東京の盲学校4年生のK斗クン。

ぜんぶたのしかったです。(K斗)うさぎさんたのしかったです(H菜、妹)
「万次郎さんとおにぎり」も人気でした。インフルエンザで引きこもっていてたくさん読みました。

◆こちらも東京の4年生、T真クン。

わらしべちょうじゃの観音様にお願いする場面「どうにかこうにか なんとかならないものか」何をお願いしたのかわからないねと説明するとおもしろさが伝わったようで笑っていました。

◆点字のお手紙2通です。神奈川の盲学校2年生、R人クン。

11がつでたのしかったえほんはバーバパパのいえさがしで きょうだいがたのしかったです。とくにぼくはバーバーモジャがすきでした。

◆同じく神奈川の2年生、M浩クン。

「どろぼうがっこう」ででてきたせいとと こうちょうのくまさかとらえもんせんせいのかいわがおもしろかったです。「むかしむかし とらとねこは・・」で とらはむかしはのろまで えものをとるのがへただったことをよんで とてもびっくりしました。

 

--------------

皆様から寄せられたお便りは、ご本人が特定されないような配慮のもとに、当HP、FBに掲載させていただくことがあります。掲載は困るという方は、事前にご連絡くださいますよう、よろしくお願い致します。

Posted in お知らせ, 利用者さんからの声

Comments are closed.