掲載情報

毎日新聞に掲載されました

4月26日、ユニバーサル絵本の活動が毎日新聞に
掲載されました。

 

 

 

 

 

3月18日放送のNHK総合「ひるまえほっと」をYouTubeにアップしました

2014年3月18日と随分前の放送になりますが、NHK総合「ひるまえほっと」(11:05~11:54)にて、ユニリーフの活動~絵本の製作風景や逗子高校での授業等~が、10分間程度紹介されました。

このほど番組を録画したものを、恥ずかしながらYouTubeにアップしました。少々ニュアンスが・・とは思いますが、よろしければご覧ください。

http://youtu.be/K6Wb_l28xDM

KDDI株式会社様からご寄付をいただきました

社員の皆様のボランティア活動を積み上げそのポイントを換算して慈善団体に贈るKDDI株式会社様のプロジェクト、今年度もUniLeafを選んでくださいました。

ご案内いただいた美しいオフィスは活気に満ち、このお一人お一人の善意をお預かりしたと改めて責任の重さを感じます。

総支社長様には、金銭のみならず通信を通して障害のある方のお役に立ちたいと最新情報を収集、動こうとされています。その熱いお気持ちに理念ある企業の志とはこういうものかと圧倒される思いです。そこにUniLeafが関わらせていただいている・・分不相応の戸惑いと光栄と、恥ずかしくない仕事をしなくてはと改めて心に誓いました。

 

元旦の東京新聞にUniLeafが掲載されました


2014年元旦の「東京新聞」神奈川版で、県内で活動するユニークな子育て活動の一つとしてUniLeafが紹介されました。

元旦からなんて、なんだか嬉しいですネ。

 

 

 

「かながわ子ども・子育て支援大賞」表彰式

   

11月29日、第7回かながわ子ども・子育て支援大賞の表彰式が、県庁にて開催されました。UniLeafからは藤井が出席し、黒岩知事から奨励賞の賞状をいただきました。

 

 

 

「かながわ子ども・子育て支援大賞」奨励賞受賞!

神奈川県

この度、UniLeafの活動が「第7回かながわ子ども・子育て支援大賞」奨励賞を受賞致しました。選考理由は以下のとおりです。

「ユニバーサルデザインの点字付絵本の作製と貸出しは、見えない 子どものためだけでなく、見えない子と見える子、家族が一緒に使 うことで、時と場を「共有」するノーマライゼーションのための活 動として評価された。また高校の授業等における点字絵本の製作も 働きかけており、教育的意義も高い。」

活動5年余の小さな団体がこのような栄えある賞をいただけたのも、ひとえに皆様の暖かいご支援のおかげです。感謝と責任を胸に刻み、着実に歩みを重ねてまいります。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

詳しくは、神奈川県のホームページからご覧ください。   http://www.pref.kanagawa.jp/prs/p722470.html

 

 

Charity Japanのサイトにインタビュー記事が掲載されました

 

「寄付をもっと身近に」をテーマに精力的に発信する日本最大級の総合チャリティ情報ポータルサイト「チャリティジャパン Charity Japan」のウェブサイトに、インタビュー記事が掲載されました。ユニリーフ設立の経緯や、ユニバーサル絵本への思い等をお話しさせていただいています。

http://www.facebook.com/l/3AQHCHTg5AQGlTslYm0Y7rS1x-ST1qt6Br6rVUUjLaioTIg/goo.gl/SBWkBf

タウンニュース紙で紹介されました

9月20日、神奈川県全域と町田市で地域の話題を地元読者に届ける「タウンニュース」紙で、ユニバーサル絵本が紹介されました。

 

ユニバーサル絵本の読み聞かせが徳島新聞に掲載されました


7月5日、徳島の絵本読み聞かせグループ「おはなしまねき」さんが、地域の小学校でユニバーサル絵本を紹介、読み聞かせをした様子が徳島新聞に掲載されました。

絵本は貸出期間を延長し、通常の同じ絵本と比較して見せたり、校長先生自ら高学年の学級をまわり紹介してくださったり、自由に閲覧もできるようにするなど、万全の体制でフル活用されたそうです。

今回のみならず、毎年の読み聞かせメニューに加えてくださるとのこと。こんなお付き合い、本当に嬉しいですね。

 

 

ケーブルTVに生出演、絵本を紹介しました

ケーブルテレビJ:COM湘南の地域情報番組「夕なび湘南~横浜」のゲストコーナーに生出演し、7~8分間トークを交えてユニバーサル絵本の紹介をさせていただきました。J:COM『夕なび 湘南~横浜』 ブログ
http://blog.zaq.ne.jp/yunavihtwe/

2013年06月27日(木)
今日のゲストはユニリーフ代表の大下利栄子さん。 大下さんは、誰にでも楽しめる「ユニバーサル絵本」の 製作と普及に努めています。

「ユニバーサル絵本」は従来の点字絵本とは違い、 健常者と視覚障害者が一緒に楽しめる本。
点字が印刷された透明なフィルムがページの間に挟まっています。
従来の点字絵本は活字の上に点字が書かれているので、 どこに点字があるか一定していません。 しかし「ユニバーサル絵本」は 必ず右ページの左上から点字が始まっています。
こんな普通のことでさえ、今までは誰も気付くことがなく、 視覚障害者は不便を強いられていました。

また本によっては絵や図も点字で表現。
視覚障害者について、 もっと多くのことを知らなくちゃいけないな、と痛感しました。

「ユニバーサル絵本」についてはこちら