本ができるまで


UniLeaf Booksの作り方・・・

ユニバーサル絵本 UniLeaf Books の作り方を簡単にご説明します。
すべての画像はクリックすると拡大表示されます。

元になる絵本を解体します。 まず、元になる絵本を解体します。

ハードカバーからカッターで慎重にページをはずし、一枚、一枚バラバラになるように切り離していきます。
業務用透明シートをカット 業務用透明シートは大きめのバスタオルほど。
まずは、ページの幅に切り、
重ねて一度に切ることができます。 透明シートが裁断機に入るサイズになれば、何枚か重ねて一度に切ることができます。
透明シートが準備できました。 透明シートの準備ができました。

このページ大のシートの片面だけに、見開き2ページ分の本文を点字で打ち込みます。
点字タイプライターです。 これが透明シートに点字を打ち込む点字用タイプライターです。

ヘレン=ケラーも学んだ米国パーキンス(Perkins)盲学校製で、1951年以来この型です。
全盲の子どもは、このタイプライターを使って点字を書く練習をします。
透明シートに点字が打たれます。 点字はこんな風に透明シートに打たれます。
点字シートが準備できました。 本文がすべて点字で打ち込まれました。
これから製本していきます。
リング製本機です。 これが、製本用リングで用紙を綴じる、リング製本機です。

用紙の穴あけ機能が付いています。
絵本のページと透明シートを数枚重ねてセットし、右側のレバーを下ろすと穴があきます。
四角い穴があいたところです。 縦長の四角い穴があいたところです。
表紙、裏表紙にも同じようにして穴をあけます。 表紙、裏表紙にも同じようにして穴をあけます。

絵本の背は後で貼り付けるためにきれいに切り取っておきます。
順番に気をつけながらセットします。 製本機に製本用リングをセットし、レバーを倒してリングを開きます。

表紙を差し込み、本体の絵本ページと透明点字シートを交互に入れていきます。
製本ができ上がりました。 最後に裏表紙をのせ、レバーを手前に倒してリングを閉じます。

製本ができ上がりました。
絵本の背を貼り付けます。 絵本の背をリング部分にのせ、上に見えるブックカバーフィルムを貼り、点字のタイトルシールを付けて仕上げます。
UniLeaf Books の完成です。 これでユニバーサル絵本 UniLeaf Books の完成です。

Comments are closed.