視覚障碍児家族会の勉強会に参加しました

8月11日(日)、夏休み恒例、視覚障碍児家族会「ひよこの会」の勉強会@横浜市立盲学校に参加し、慶応大学の中野泰志教授のお話をお聞きしました。

日本や西欧の支援教育を学んでいた韓国が今やうらやむべき手厚い支援を実現していること、スウェーデンにもはや盲学校は存在せず、皆普通学校に通っていること等海外事情も紹介され、日本は進んでいると思っていたのにちょっとショック・・

子供との関わり方では、表情が見えなくとも声の抑揚が代わりになること、不安を感じたときに十分ハグして共感してあげるとまた探索できること、3つのうち一つでも出来たらほめてあげるとやる気につながること等、言葉かけの重要性を痛感させられました。

終了後には、1歳の赤ちゃんのお母様お二人とお話しし、絵本を紹介しました。真っ白で柔らかくて本当に可愛く、お気持ちを察すると切なくなります・・

中野教授からは、デジタルの時代になればこそ、最初に入る、点字に触れながら聞ける絵本はとても重要と、ユニバーサル絵本の大きな意義に大変励まされました。韓国ではこの本をなんと企業が作っているとか。最新の3Dプリンターを使った立体付の2.5次元絵本にも驚きました。

利用者さんと話し、新規のご利用もあり、最新事情もうかがえて、大変有意義な1日となりました。

Posted in お知らせ

Comments are closed.