Suzu’s セレクト ②:ゆきむすめ

絵本紹介コーナー「Suzu’s セレクト」

第2回は、12月の新着絵本から。
『ゆきむすめ』(内田莉莎子 再話/佐藤忠良 画)を紹介します。

子どものいないおじいさんとおばあさんが雪で女の子をつくると命が灯り・・ゆきむすめは動きはじめます。

おじいさんとおばあさんはゆきむすめを娘として可愛がりますが・・

この絵本は、ロシア童話の一つであり、物語が最初に発表されたのは今から150年前の1869年。長い間愛され続けているお話で、現在ゆきむすめ(ロシア語で「スネグーラチカ」)はなんとロシアのサンタクロース「ジェド・マロース」の孫娘としてクリスマスのお手伝いの役目を担っています。

同じくロシア童話である『おおきなかぶ』の翻訳を担当したロシア文学者内田莉莎子さん、挿絵を担当した佐藤忠良さんが作品にしました。佐藤さんはシベリア抑留を経験しており、その時に実際に見たロシアの風景を参考にして絵を描いたそう。

余談ですが、この絵本が届いた翌日に1月まで文化村で行われていた「国立トレチャコフ美術館所蔵ロマンティックロシア展」に行ったところ、まさかのまさかで1899年に描かれたヴィクトル・ヴァスネツォフ「雪娘」の絵が飾られており、見ることができました。写真はその時購入した絵葉書になります・・!

この絵本を通じてぜひロシア文化にも思いをふくらませてみませんか。

 

 

Posted in お知らせ

Comments are closed.