利用者さんからのお便り 3月

3月初めからのお便りです~♪ 最近は英語のCDのリクエスト増えています。お便り、ご紹介しますね~

◆まず初めは、関西の普通小3年生Y子ちゃん。やっぱり人気はあらしのよるに!

”あらしのよるに”シリーズをドキドキしながら読んでいます。今のところY子の予想では、オオカミガブがヤギのメイを食べてしまうのではないか!?と考えているようです。英語のCDは週末に聴くというルーティン化に成功しつつあり、まだ耳で聞くだけですが、文章で覚えることができています。(中略)妹のムチャクチャ英語で笑ったり、バムとケロを仲良く読んだり、今月も楽しい時間となりました。

◆がんばって点字でお手紙くれる東京の盲学校のF太クン。文が長くなってきたね~

今度は3月に、また5冊の本がくるのを楽しみにしています。5冊面白かったです。

ママからも、
F太は、ユニリーフの存在が大きくなってきたようで、月の初めには、「まだ本来ないの?」と心待ちにするようになりました。また月の終わりには、「ママ、そろそろ本返してきてよ」(次の本、借りられないじゃん)という会話をするようになってきました。点字を読むペースも速くなってきたので、少し難しめの本も入れてください。

 ◆関西の盲学校3年生H実ちゃん。経験からユニリーフ絵本の良さに触れてくださいました。

1か月は、長いようであっという間ですね。もう返却する時期が来たと残念そうですが、また新しい絵本が来ると思うと楽しみな様子です。
H実は、双子の姉妹で、同い年の妹がいます。妹の方は晴眼で、地域の小学校に行っていますが、いつも妹の方が絵本を出してきて、先に読んでいます。

今まで、点字付絵本は、文字の上に透明シールに点字を打ったものが、貼りつけられているものを読んでいて、下の文字が読みにくかったのです。でも、ユニリーフの絵本は、文字を邪魔することなく読めるので、妹も楽しめます。一緒に読めるって素晴らしいなと感じています。

◆九州のT大クンは点字の感想文。T大クンも入退院を繰り返していたそうです。

いもうとのにゅういん
いもうとが病気になってかわいそうだなと思いました。この本の中の人は大変なんだなと思いました。ここのいもうとは入院しているから、僕と一緒だと思いました。ここの本のおねえちゃんとお父さんはやさしいと思いました。この本のお姉ちゃんはいもうとのことをとってもだいじにしてるんだなと思いました。

ひとことお便りもたくさん!ありがとう~♪

◆『くだもの』親子3人で楽しみました。兄が読んで(母が教えながら)妹も興味を持ってみていました。(東京の盲学校2年生K広くん)

「でんしゃがくるよ」の警笛音「ビーボー」がお気に入りで、ビーボーと何度も本に合わせて言っていました。(東京の盲学校2年生T雄クン)

(はたらきものもじょせつしゃ)けいてぃの本がとても楽しかったとE介は言っています。(神奈川の年長さんE介くん)

動物に加え、草花やお天気、自然など興味が広がり、質問に答えられないことも多いです。(東京の年中さん、K奈ちゃん)

Y紗は思い出しては絵本を出してきて読んでいます。絵本があるっていいなあと思っています。(千葉の年中さん、Y紗ちゃん)

今回もどれもとっても楽しそうに聞き入って質問してくれたりしました。もうすぐ1年生、少しずつ自分で点を追ってくれる日が来るのかなぁと思いながら読んでいます。(神奈川の年長さん、Rクン)

最近「えいごであそぼ」のビデオを繰り返し見て、英語にはまっています。CDも「えいごのうた」(←聞き取り難しい!)をとリクエストされ、リピートしています。このまま英語好きになってくれればと妄想しちゃいます。(神奈川の3歳、K真クン)

 

--------------
皆様から寄せられたお便りは、ご本人が特定されないような配慮のもとに、当HP、FBに掲載させていただくことがあります。掲載は困るという方は、事前にご連絡くださいますよう、よろしくお願い致します。

Posted in お知らせ, 利用者さんからの声

Comments are closed.