利用者さんからのお便り 11月

返却時に本の感想や近況報告を入れてくださる方が何人もいらっしゃり、ご一緒に成長を見せていただいている思いです♥ ご紹介しますね~

◆はじめは、神奈川の3歳児K雄クン。赤ちゃんのM子ちゃんも大きくなりました。

早いものでM子も4か月、先日絵本デビューしました。K雄も大好きな「がたんごとん」ママのひざの取り合いをしながらの絵本time、幸せです。

◆ペットブームの東京の幼稚園生K奈ちゃん。本がいろいろな経験を深める助けになるといいです。

ちいさな動物好きなのは相変わらずで、幼稚園にいた別のクラスのモルモットが死んでしまい、ずっとその事が頭からはなれないようです。 先生の計らいで死んでしまったモルモットに触らせてもらい、「冷たかった」と何度も言っていました。最近は「死」についてもよく思いを巡らせて、「K奈は百万才まで生きるの」と言ったりしています。
 リクエストなんですが、最近幼稚部への行き帰りの電車で私が読んだり、絵本をめくり自作の話を延々としています。簡単な本で構わないので、小さめの本をいれていただけると嬉しいです!
点字への興味も増えてきて、「あ」や「め」などを分かりやすい文字を点字シートから探そうとしてる時があります。私もそろそろ勉強しなくちゃと思ってます。
また、クラスの外国人のお友達に簡単な英語で話しかけたりしているらしく、なにかとっかかりになる本などがあれば教えてほしいです。

◆関西の普通小に通うY実ちゃん、運動会はヒップホップやリレー、毎日練習してパパが感極まるほどの「実のある体育会」だったそうです!やったネ~!!

今回の1番は”あさえとちいさいいもうと”でした。読みながら、「えー!? それはダメやわ!!」などなど叫んでおり、面白かったとおすすめされました。(中略)落語絵本もサクサク読んでおり、楽しめたようです。(中略)最近、拡大本の”エルマーの冒険”を読み、ガッツリはまりました。3シリーズ読み終えました。冒険やドキドキするような物語が読みたいようです。

◆いつも点字の感想文をくださる福岡のT太クン。「けん太と山どり」に発見がありました。

けん太は昆虫が好きだから森につかまえに行こうとすると親鳥が苦しそうにしていました。でもその結果、けがはしていなかったのでおかしいなと思いました。コジュケイという鳥がけがをしていると思えばけがをしていなくて、暗い町まできた時鳴き声で教えてくれる道案内の鳥なのですごいなあと思いました。最後のページの鳥の鳴き声の鳴き方が書いてあったので、5ひきぐらいの鳥の名前や鳴き声を鳴き方がそれぞれ違う鳥もいるんだなと思いました。

落語『かえんだいこ』は、オチがわかりにくかったよう。「見えれば、本の雰囲気が絵などで判断できますが」・・お母様のお気持ちわかります。もう少し大きくなったらきっと楽しめる!

◆東京の盲学校2年生Tくん。弟クンと一緒の読書の様子がなんとも楽しい!

リクエストです。『おむすびころりん』『もったいないばあさんのいただきます』『ぼくだけのおにいちゃん』『おやすみなさい おつきさま』『わにわにのおおけが』。(中略)5才児は本が読める(覚えている)ようになり、兄に読んでやっていることもありますが、間違って読み、兄が点字に触りながら不思議そうな顔をしていることもあり、なかなか楽しいです。

◆幼稚園合格の嬉しい便りは、神奈川のK真クン。歯みがき頑張っているのね~

「はみがきれっしゃ しゅっぱつしんこう!」また借りたいです。

 

--------------
皆様から寄せられたお便りは、ご本人が特定されないような配慮のもとに、当HP、FBに掲載させていただくことがあります。掲載は困るという方は、事前にご連絡くださいますよう、よろしくお願い致します。

Posted in お知らせ, 利用者さんからの声

Comments are closed.