利用者さんからのお便り 3月

お便りのご紹介です~♫ 
◆初めは活発な幼稚園生、東京のK子ちゃん。メールにて。

2月の絵本では「まゆとおに」がお気に入りで、おにの叫び声をにたにた笑ってきいていました。節分で幼稚部に鬼がきたこともあって、さらにおもしろかったようです。
先日3月の絵本が届き、夏歩は歓喜の叫びをあげていました()さっそくパパと一緒に「ぶたぶたくんのおかいもの」の地図を必死にたどっています。

4月からは地域の幼稚園の年中さんに!幼稚園関係の本のリクエストいただきました。

◆2~3歳児さんは毎月どんどん変化していきます。子どもってスゴイ♫

・神奈川のK太クンは、赤を「あか~」、青を「あお~」と言うようになりました!しかも百発百中!!色も少しわかる!? ママのときめき、伝わってきます。

・こちらも神奈川のK介クン、滑り台が大のお気に入りで、息をきらしながら何度も何度もやっています。すべりだいの絵本、送りますね~

◆東京のTクン(盲学校1年生)は幼稚園の弟クンといつもたくさん読んでいます。

鉄ちゃん兄弟には「せんろはつづく」はたまらないようで、毎晩読みました。

(幼稚部や育児相談の点字使用予定児の保護者さんと話す機会があり、)子供が読めなくても、ガリガリするだけでもいいと思う。絵本て触れる!この本好き、と感じる本に出会えると素敵だし、少なくともうちの子は毎月楽しみにしているとお話しするととても関心を持ってくださいました。すぐにではなくても、ユニリーフ友達が増えるといいなと思っています。

おおっ~、これはまさにアンバサダーですね、ありがとうございます!将来どこかで会うでしょう同世代のお友だち、絵本でつながっていたら嬉しいですね~♫

◆最後は、いつも関西で読書イベントを開催し、絵本を紹介してくださっている「NPO法人弱視の子どもたちに絵本を」のT様より達筆のお便りです。

(前略)これだけの活動をして下さり、ありがとうございます。感謝の思いは大きく、大きくあります。(中略)お子さんを支えつつ、仕事も、ユニリーフの活動もされていることにびっくりした次第です。何と、何と。体も時間も、もっとほしいとお思いであろうと。ゆっくりなさる時間は、おありであろうかと。(中略)ちょっと、体を休めていただきたく、(後略)

と、関西銘菓まで送ってくださいました。T様のグループは長年の点字本製作だけでは飽き足らず、一人一人の要望に応えた触る資料作りや本に親しむイベントまでされている尊敬すべき大先輩。にもかかわらずいつも優しく思いやってくださいます。続くメールでは、ご専門の目から絵本の使い勝手について貴重なご感想がありました。本当に有難うございます!

見えにくい子、見えない子、見える子、親御さんなどが一緒に読める絵本は、本当に価値あるものです。これまでのタックペーパを貼った点訳絵本はありましたが、その不具合が解消されています。タックペーパーの痛さがなく、指にやさしいことがうれしいです。点字がつぶれにくく、本として開きやすく、点字が読み易いです。点訳の分量が多くても、点字を入れることができる。点図の導入にも驚きました。 

 

--------------
皆様から寄せられたお便りは、ご本人が特定されないような配慮のもとに、当HP、FBに掲載させていただくことがあります。掲載は困るという方は、事前にご連絡くださいますよう、よろしくお願い致します。

 

Posted in お知らせ, 利用者さんからの声

Comments are closed.