10月のお便りで~す♫

同じように不自由を持っているお子さんたち、その成長やママの思い、いつもながら心動かされます。今月も、お便りありがとう!以下にご紹介します。

◆まずは、東京の小学5年生Y美ちゃん。

この頃読むのが早くなり、10月号はあっという間によんでしまいました。(中略)娘はもう一度「ずっとずっと大好きだよ」を読みたいといっています。こわい話もよみたいそうです。次回の配本よろしくおねがいします。

高学年になると、つい長い本ばかり選んでしまいますが、印象に残る本と長さは関係ないのですね~、当たり前の事実に気づかされます。

◆続いて神奈川の2才児、K太くん。

前回の配本では「おべんとう」が一番ヒットしました。リアルな絵ときいたことのあることばで、おもしろかったみたいです。
今週末は保育園ではじめての運動会です。先生のはなしでは、よーいどんで歩きはじめたり、お友達がゴールで名前を呼んでくれたりするようになったんだとか。どんな図になるのかな?感動して私が泣いちゃうかもしれませんね。ドキドキです。

そうだよね~、運動会は泣けます。私も小学校でも毎年泣かされました。周りのお母さんも泣いていました・・もう、これは理屈抜きですね。

◆栃木の盲学校1年生、A子ちゃんのお母さまとは、初めてお話ししました。

(前略)重複クラスの為、まだ点字の学習は始まりませんが、絵本を読み聞かせながら、時々指で点字にふれています。私がなかなか読んであげられない時には、お兄ちゃんが読んで聞かせてあげています。おかげで、娘も本が好きな子に育っています。(中略)いつか娘が点字で読める日を期待して、読んで聞かせてあげようと思います。

お母様の思い、お兄ちゃんの優しさ、A子ちゃんの周りに愛が満ちて、温かいご家庭の様子が伝わってきます。そういう皆の思いこそが、予想もしない花を咲かせるものと私は信じています。一生懸命送りますね、A子ちゃんどうぞ楽しんでください。

◆神奈川の年中さん、いつも楽しんでくれているR男クンのママからは、図書カードをいただきました。ご寄付ありがとうございます!

◆最後は、神奈川の2才のKスケくん。楽しいので全部引用します。

なんと、Kスケが遂に読書に目覚めました。今まで全然興味を示さなかったのに、エンドレスで絵本を持ってくるんです!本箱から引っ張り出すのが楽しいのか、本をめくるのが面白いのか、読んでもらうのが嬉しいのか?ある日突然あふれだすんだなぁと、本当にびっくりしました。皆さんが言うように、いろんなことがいずれつながって来るんだと感じ、これからの励みにしようと思います。

今のお気に入りは
・いないいないばあ ・がたんごとんがたんごとんざぶんざぶん ・はしるのだいすき
 ・くつくつあるけ ・くだもの、あと送っていただいた、くまさんくまさんなにみているの?です。

くまさん~は、鳴き声をつけて読んでいたら、猫の鳴きまねをしあえて無言でいると、猫のページでは、止まって鳴き声を要求するようになりました。絵がはっきりしているものや、文が短いものが、今は好きみたいです。

やりましたね~、ついに絵本生活始まりましたね~♫ママの遊びのセンスもいいですよね。いつも温かい視線で一生懸命のママ、Kスケは幸せですね♡

 

--------------
皆様から寄せられたお便りは、ご本人が特定されないような配慮のもとに、当HP、FBに掲載させていただくことがあります。掲載は困るという方は、事前にご連絡くださいますよう、よろしくお願い致します。

Posted in お知らせ, 利用者さんからの声

Comments are closed.